Rakuten infoseek

辞書

【カク】

デジタル大辞泉

かく【客】
「きゃく」の文語的表現。訪問者・買い手・旅人などのこと。
「牛飼君の―となるは将に大いに驥足(きそく)を伸ぶべき道じゃ」〈魯庵社会百面相
主となるものに対し従となるもの。「主転倒」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かく【客/脚】[漢字項目]
〈客〉⇒きゃく
〈脚〉⇒きゃく

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きゃく【客】
[名]
訪ねてくる人。また、招かれてくる人。まろうど。「をもてなす」
料金を払って、物を買ったり、乗り物に乗ったりする人。顧客・乗客・観客など。「の入りが悪い」
旅人。また、止宿人。「不帰の
主体または自分と対立するもの。客体。
「月の題に大仏を詠み合せて大仏が主となり月が―となるとも」〈子規・俳句問答〉
(多く「お客さん」の形で)
㋐ある組織の中で、別格扱いされる人。
㋑勝負事・商売などで、くみしやすい相手。
月経のこと。
[接尾]助数詞。接待用の道具・器物を数えるのに用いる。「吸物椀(わん)五

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きゃく【客】[漢字項目]
[音]キャク(呉) カク(漢) [訓]まろうど
学習漢字]3年
〈キャク〉
他人の家を訪れる人。招かれる人。「客人客間先客弔客珍客賓客来客
旅。旅人。「客死客舎
料金を払う利用者。「客車客席観客上客乗客船客浴客
本来のことではなく、一時的なこと。「客員客演
主体・主観に対して外部にあること。「客観客体
〈カク〉
1に同じ。「主客
2に同じ。「客死客舎過客孤客
3に同じ。「旅客
人。人士。「侠客(きょうかく)剣客刺客酒客政客俗客墨客論客
過ぎ去ったこと。「客歳客年客臘(かくろう)
[補説]とも「キャク」「カク」両用する場合も多い。
[名のり]ひと・まさ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まら‐ひと【客/賓】
《「まら」は「まれ(稀)」の交替形》「まろうど」に同じ。
「薬師は常のもあれど―の今の薬師貴かりけり賞(め)だしかりけり」〈仏足石歌

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まれ‐びと【客/賓/人】
《まれに来る人の意》
民俗学で、異郷から来訪する神をいう。人々の歓待を受けて帰ると考えられた。折口信夫の用語。
まろうど」に同じ。
「―の饗応なども」〈徒然・二三一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まろうど〔まらうど〕【客/賓/人】
《「まらひと」の音変化。古くは「まろうと」》訪ねて来た人。きゃく。きゃくじん。
「観兵の間に設けたる夕餉に急ぐ―、群立ちてここを過ぎぬ」〈鴎外・文づかひ〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゃく【客 kè】
中国では家族・同族・同郷・同国以外の人や来訪者,臨時の寄留者を客,賓,賓客といい,客が主人と面会するときや主人がもてなすときの礼式は五礼の中の〈賓礼〉とよばれて重視される。天子は諸侯を賓礼によって遇し,賓客は礼遇すべきものと観念される。しかし春秋戦国の変動期以後,主家に寄食する〈食客〉がふえると,賓客に対する処遇にも格差が生じ,またその中に〈俠客〉の要素も加わって,やがて客や賓客が居候・とりまきの意味を帯びてくる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かく【客】
きゃく。まろうど。 ⇔ 「主-転倒する」
いそうろう。食客。客分。 「三千の-わづかに去れり/枕草子 136

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きゃく【客】
[0] ( 名 )
その人の家や居所に、招かれたり用があったりしてたずねてくる人。まろうど。 ⇔ あるじ 「 -を迎える」
金を払って、物品やサービスを求める人。
物品を買う方の側。顧客。
演劇など興行を見にくる人。観客。
乗り物を利用する人。乗客。
遊女・芸妓と遊興する人。遊客。
自分と対立する、自分の外にある存在。 「いずれを主と見、-と見るか」
旅人。また、寄寓する人。 「東行西行の-は皆知音ちいんにあらず/海道記」
闘茶・組香などで、試みのない茶・香など。
月経の異名。
( 接尾 )
助数詞。客用の道具・器などを数えるのに用いる。 「おわん五-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かく【客】
〘名〙
① 訪問者。また、買い手、観客など。きゃく。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「俄なるかくえものせられたなるを、あるじのことなどをいかにとなむ」
※歌謡・松の葉(1703)二・色香「泊(とまり)泊宿宿の窓にうたふ群女は、かくを留めて夫とす」 〔詩経‐小雅・楚茨〕
② 旅行する人。旅人。きゃく。
※海道記(1223頃)蒲原より木瀬川「東行西行の客は皆知音にあらず」
③ 主に対する者の称。きゃく。「主客転倒す」
④ 客分、また、書生、居候などとして世話になっている人。食客。きゃく。
※枕(10C終)一三六「孟嘗君のにはとりは、函谷関を開きて、三千のかくわづかに去れり」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉貧書生「牛飼君の客(カク)となるは将に大いに驥足を伸ぶべき道ぢゃ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きゃく【客】
[1] 〘名〙
① その人の家、居所へたずねて来る人。また、招かれて来る人。まろうど。かく。
※虎明本狂言・連歌盗人(室町末‐近世初)「是はよひにきゃくがあった物じゃ」
② 代価を払って、品・労力などを求めに来る人。買い手、観客、乗客など。
※評判記・色道大鏡(1678)一「殿達 傾城・遣女、挙屋等より、客(キャク)をさしていふ詞なり」
③ 旅をしている人。また、自分の家を出て他人の家や宿に寄食している人。あるいは、旅行、寄寓することにもいう。〔和玉篇(15C後)〕〔曹植‐門有万里客詩〕
④ 自分の外にあって、自分と対立していること。主であるものに対すること。また、そのもの。客位に立つこと。また、そのもの。⇔主(しゅ)
※俳句問答(1896)〈正岡子規〉「月の題に大仏を詠み合せて大仏が主となり月が客となるともそれを捨てず」
⑤ 霊(たま)祭などで、祭の場に来る死霊・霊魂。
雑俳・咲やこの花(1692)「俗にいふ客と名付て玉祭」
⑥ 水死人をいう、船頭仲間の隠語。〔歌舞伎・鏡山錦栬葉(加賀騒動)(1879)〕
⑦ 月経をいう俗語。
※雑俳・新編柳多留‐一六(1844)「客と云もの初めて知った初花」
⑧ 「きゃくぶん(客分)②」の略。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)二「客で御座候でおかれぬ腹になり」
[2] 〘接尾〙 接待用の道具、器物を数えるのに用いる。「吸物椀五客」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もうと まうと【客】
〘名〙 参り来る人。客人。まれびと。まろうど。
※書紀(720)神代下(鴨本訓)「客(マフト)は是れ、誰そ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

客の関連情報

他サービスで検索

「客」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.