Rakuten infoseek

辞書

客観的知識【きゃっかんてきちしき】

大辞林 第三版

きゃっかんてきちしき【客観的知識】
個々の主観の思い込みを離れ、対象そのものの客観的あり方を反映した普遍性をもつ知識。客観的真理。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

客観的知識
哲学者のポパー(Sir Karl Raimund Popper 1902-1994)が1967年頃から提唱した認識論上の用語.個人の認識(彼は主観知識と呼ぶ)に対する語で,表現・記録され,公共のものとして共有されている(またはされうる)形で体外に蓄積された知識.客観的な方法・態度による探求で得た知識ではなく,客体化された知識の意.ポパーは,物理的な世界を世界1,心理的・社会的世界を世界2,客観的知識の世界を世界3と呼んで区別した.背景には,記憶と記録とは同種の現象であり,知識は記録されることによって人間の認知作用から離れて存在しうるとみなす信念がある.この点を批判する者は多い.しかし,情報メディアの機能を重視する視点につながり,図書館情報学において注目された.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

客観的知識」の用語解説はコトバンクが提供しています。

客観的知識の関連情報

他サービスで検索

「客観的知識」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.