Rakuten infoseek

辞書

実質的ディフィーザンス【じっしつてきでぃふぃーざんす】

会計用語キーワード辞典

実質的ディフィーザンス
実質的ディフィーザンスとは、負債の元利金の返済にのみ充当れるように、原債務者がリスク・フリー資産により解約不能の信託を設定し、将来において当該負債が原因で追加支払いが生じることのないように仕組むことで、実質的に債務が償還されたものとみなすことです。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

実質的ディフィーザンス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

実質的ディフィーザンスの関連情報

他サービスで検索

「実質的ディフィーザンス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.