Rakuten infoseek

辞書

実証主義【じっしょうしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

実証主義
じっしょうしゅぎ
positivism
経験的事実にのみ立脚し,先験的ないし形而上学的な推論を一切排除する哲学の立場。狭義には A.コントの哲学をさす。実証主義の名は,自然科学の方法を哲学に適用しようとしたサン=シモンに始り,コントが実証哲学として確立した。その淵源は J.ロック,D.ヒューム,G.バークリーらのイギリス経験論と,ボルテール,D.ディドロらのフランス啓蒙主義の唯物論にあるが,背景には自然科学の急速な発達と工業社会の成立がある。ロック,ヒュームは形而上学を認め,ロックとバークリーは霊と神に関する知識を認めたので,実際には留保つきではあるが,一般的な意味では経験論の哲学者も含まれ,J.S.ミルの経験論もその意味で実証主義である。
神学的および形而上学的な疑問が起っても,実際には人間の用いることのできるいかなる方法であろうとそれに答えることができない,と経験主義者は考えていた。しかし,他の実証主義者たちは,そうした疑問は意味がないとして退けた。この第2の見方が,プラグマティズム論理実証主義,さらにバークリーとヒュームにみられるような経験に基づく意味の検証につながった。実証主義は科学の成果を強調するが,経験に基づく方法では答えられないような疑問は科学のなかからも起る。 E.マッハはそうした論理的な疑問に経験的意味をあてはめ,理論をそれに対する証拠に関係づけようとした。コントは,人間の思考は必然的に神学的段階を経て形而上学的段階に達してから,実証的ないし科学的段階に達するとし,宗教的衝動は啓示宗教が衰退しても生残り,目的をもつはずであるとして,人間の崇拝の対象は教会と暦とヒエラルキアであると考えた。コントの弟子の F.ハリソン,R.コングリーブらはそうした教会をイギリスで見出したが,宗教を容認する傾向のあるミルはコントの体系を否定した。
実証哲学はフランス革命期の代表的哲学となったが,1870年代には科学の根底としての経験自体がマッハ,R.アベナリウスによって問題とされるにいたった。さらに 20世紀初頭には,B.ラッセルらの記号論理学をふまえて,ウィーン学団が論理実証主義を打出し,それは今日のイギリス,アメリカの哲学思想の主流に受継がれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じっしょう‐しゅぎ【実証主義】
知識の対象を経験的事実に限り、その背後に超経験的実在を認めない立場。超越的思弁を排し、近代自然科学の方法をとする。サン=シモンが初めて用い、コントによって提唱された。実証論

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じっしょうしゅぎ【実証主義 positivism】
一般に,経験に与えられる事実の背後に超経験的な実体を想定したり,経験に由来しない概念を用いて思考したりすることを避け,事実のみに基づいて論証を推し進めようとする主張をいう。positiveという形容詞には,negative(〈否定的,消極的,陰性の〉)と対をなす〈肯定的,積極的,陽性の〉という意味もあるが,それとは意味論的に区別され,negativeとは対をなさない〈実証的,事実的〉という意味もあり,それは次のような事情で生じたものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じっしょうしゅぎ【実証主義】
世界の現象やその知識をもっぱら経験的事実に限定し、感覚的経験によって積極的に確認することのできない神・イデアなどの形而上学的な存在についての思弁を排する立場。コントによって提唱され、ミル・マッハ、さらにウィーン学団の論理実証主義に受け継がれる。実証論。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

実証主義
じっしょうしゅぎ
positivism英語
positivismeフランス語
サン・シモンが初めて用い、コントが採用して以来、有名になったことばとされ、狭い意味ではコント自身の哲学をさすのに用いられるが、広い意味では、経験を重んじ、超越的なものの存在を否定しようとする傾向一般をさす。イギリスの経験論哲学も、広い意味ではこの実証主義に入るし、実地を踏んでこつこつ証拠を拾い上げようとする探偵を「彼は実証主義者だから」とよぶのも妥当な言い方だということになる。自然科学も実証主義的な学問だとされることがある。
 問題は、「経験」という概念が哲学的に問題の多い概念であって、その解釈いかんによって「実証主義」の覆う範囲がいかようにも伸び縮みすることである。実証主義者とよばれる人も多くは数学の有効性を認めるが、現代の数学では、集合という抽象的で一面超越的ともみえる存在を前提している。また、自然科学にも、感覚を通じて直接経験できる範囲を越え出た実在の存在を前提している面がある。こうした数学や自然科学を許容する立場をとると、実証主義者は、敵対しているはずの形而上(けいじじょう)学を整合的に否定することがむずかしくなる。さればといって数学や科学を否定すれば、甚だ狭い立場になってしまう。実証主義はむしろ、19世紀に科学の目覚ましい躍進に目を奪われて伝統的な形而上学に挑戦したくなった人たちの心情を表す歴史的名称としておいたほうがよいかもしれない。マッハやアベナリウスが実証主義者の代表のようにいわれるのも、この観点からであろう。ウィーン学団の思想も、論理の役割を重視する実証主義、すなわち「論理実証主義」とよばれた。[吉田夏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じっしょう‐しゅぎ【実証主義】
〘名〙 哲学で、現象の背後に形而上的な原因を求めるような思弁を排して、事実を根拠とし、観察や実験によって実際に検証できる知識だけを認めようとする立場。フランスの哲学者、オーギュスト=コントによって体系化された。神学的段階を通り、形而上学的段階を経たのちに、ようやくこの学問の最高段階としての実証的段階に到達するという。実験論。実証論。ポジチビズム。〔現代大辞典(1922)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実証主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

実証主義の関連情報

他サービスで検索

「実証主義」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.