Rakuten infoseek

辞書

実生【みしょう】

盆栽用語集

実生
繁殖法のひとつで、種を蒔いて素材を作ること。手間のかからない繁殖法で、ゼロから盆栽としてしつけることができ、また根張りがよくできるという利点もあるが、一方では実生変化のため性質が安定しないという傾向もある。

出典:(株)近代出版
Copyright(C)2009 Kindai Shuppan co., ltd All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

み‐しょう〔‐シヤウ〕【実生】
種子から発芽して生じた植物挿し木取り木に対していう。みばえ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みしょう【実生 seedling】
種子から育てた植物をいい,園芸では種子による繁殖を実生繁殖と呼ぶことが多い。他殖性植物でも,遺伝的に純粋か,純粋に近い品種では,他品種の花粉がかからないようにすれば,実生繁殖によって親と同じ個体を簡単に多数増殖することができる。そこで,自殖性植物であるイネ,ムギ,豆類はもちろん,一・二年生の野菜や花などでも,おもにこの方法によって増殖が行われる。しかし,果樹花木は遺伝的には雑ぱくで,種子をまいても,親と同じ果実や花をつける木にはならない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みしょう【実生】
接ぎ木・挿し木などによらず、種子から発芽し、生育した植物。芽生え。みばえ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

実生
みしょう
種子を播(ま)いて発芽させることであるが、普通は繁殖の方法を区別するときに用いる用語である。挿木や取木のように植物体の一部分を用いて殖やす栄養繁殖(無性繁殖)に対し、実生は有性繁殖である。実生繁殖は主として樹木の苗木、接木(つぎき)用台木の大量生産に利用されるほか、果樹、花木、林木の品種改良にも用いられるが、開花までに長い期間を要する。
 種子は樹種により保存できるものと、すぐに播く(取り播きともいう)ものに区別できる。発芽条件には水分、温度、酸素などが大きく関係するが、種子によっては好光性(明るくないと発芽しない)のものと嫌光性のものがある。一定期間低温や高温を受けないと発芽しにくいものもある。また果肉のあるものは水洗いをして除去しないと、発芽の遅れやそろいが悪いことが多い。なお草花、野菜などは普通、実生とはよばず、種子播き、播種(はしゅ)という。[堀 保男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さね‐おい ‥おひ【実生】
〘名〙 株分け、さし木などによらないで、種子(たね)から直接草木が生えること。また、その草木。みしょう。
俳諧・新撰犬筑波集(1532頃)春「ほうしがへりとひとやみるらん、この梅はさねおひにてはなきものを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐おえ ‥おへ【実生】
〘名〙 =みばえ(実生)①〔和玉篇(15C後)〕
随筆戴恩記(1644頃)上「実生(ミヲヘ)を、御手づから〈略〉うへさせ給ひければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐しょう ‥シャウ【実生】
〘名〙 つぎ木、さし木などの栄養繁殖によらないで、種子から発芽した植物。みうえ。みばえ。
※談義本・根無草(1763‐69)前「此人先菊之丞が実生(ミセウ)にはあらがねの、土の中より掘り出したる分根なるが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐ばえ【実生】
〘名〙
① 植えたりつぎ木したりしないで草木が自然に芽を出すこと。種子から芽が出て生長すること。また、その草木。みしょう。
※俳諧・鹿島紀行(1687)「神前、この松の実ばへせし代や神の秋〈芭蕉〉」
② 転じて、物事の起こるきざし。萌芽。発端。また、物事の自然に発生することにいう。
浄瑠璃・双蝶蝶曲輪日記(1749)四「われも余っ程臍より下に、分別のみばえが出来たやら堅い事いふな」
③ 親から生まれたもの。子。
※浄瑠璃・仏御前扇車(1722)四「機転も利く音に聞く、鎮西八郎為朝が、落し胤のみばへの若者」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

実生の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.