Rakuten infoseek

辞書

宝生新【ほうしょうあらた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宝生新
ほうしょうあらた
[生]明治3(1870).10.23. 東京
[没]1944.6.10. 東京
能楽ワキ方。下掛り宝生流。本朝太郎忠英。下掛り宝生流9世家元金五郎英周の長男として生れ,7歳のとき,『猩々』のワキで初舞台。伯父新朔や父につき修業。 16歳で一時廃業するが,27歳で復帰して新と名のり,1905年 10世家元となる。 37年帝国芸術院会員となる。芸風は新朔に近く,繊細なを得意とした。『宝生新自伝』があり,門下から松本謙三宝生弥一森茂好が輩出した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうしょう‐しん〔ホウシヤウ‐〕【宝生新】
[1870~1944]能楽師。ワキ方下掛(しもがかり)宝生流10世宗家。名は「あらた」とも。東京の生まれ。明治・大正・昭和にわたって活躍名人とうたわれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほうしょう‐あらた〔ホウシヤウ‐〕【宝生新】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

宝生新 ほうしょう-しん
1870-1944 明治-昭和時代前期の能楽師ワキ方。
明治3年10月23日生まれ。宝生金五郎の長男。下掛(しもがかり)宝生流宗家10代。9代である父や養父の8代宝生新朔(しんさく)に師事する。美声と,ととのった容姿で「隅田川」「道成寺」などのワキをつとめ,名人といわれた。昭和12年の帝国芸術院創設に際し,その会員となる。昭和19年6月10日死去。75歳。東京出身。名は朝太郎忠英。著作に『宝生新自伝』。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

宝生新 ほうしょう-あらた

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ほうしょうしん【宝生新】
1870‐1944(明治3‐昭和19)
楽師,ワキ方宝生流世宗家。本名朝太郎忠英。9世宝生金五郎の長男で,主として8世新朔(父の実兄で養父)に師事した。端正な風貌と天性の名調の持ち主で,闊達(かつたつ)自在な芸を見せ,明治・大正・昭和3代にわたってワキの名人との定評を受けた。松本謙三,宝生弥一,森茂好らを養成し,ワキ方の正統な技芸をのちに伝えた功も著しい。1937年帝国芸術院創設と同時に会員となる。著書に《宝生新自伝》がある。【羽田 昶】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうしょうあらた【宝生新】
1870~1944 能楽師。東京生まれ。ワキ方下掛しもがかり宝生流一〇世宗家。本名朝太郎忠英。ワキの名人といわれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宝生新
ほうしょうしん
(1870―1944)
能楽師。ワキ方下掛(しもがか)り宝生流10世宗家。「あらた」ともいう。本名朝太郎。東京・今川橋に生まれる。希代のワキの名人。1937年(昭和12)に帝国芸術院が創設されると、初代梅若万三郎とともにその会員に選ばれた。父金五郎のスパルタ教育を受けたが、16歳でこの道を離れ、30歳近くなってから能に復帰したという経歴の持ち主だけに、その天分と基礎教育の確かさがわかる。江戸前の美貌(びぼう)と優れた美声に恵まれ、あらゆるシテをもり立てて、能の水準を高めた。高弟に松本謙三(けんぞう)、宝生弥一(やいち)(娘婿)があり、森茂好(しげよし)(1916―91)、宝生彰彦(あきひこ)(1922― )は実子。宝生閑(かん)、森常好(つねよし)は孫にあたる。そのずぼらさに、弟子の夏目漱石(そうせき)が断りの手紙を出しても、またのこのこと稽古(けいこ)に出かけ、漱石も辟易(へきえき)したといった逸話が多い。野上豊一郎(とよいちろう)、安倍能成(あべよししげ)、小宮豊隆(とよたか)ほか、漱石門下も宝生新に学び、能への貢献が大きかった。[増田正造]
『『宝生新自伝』(1959・能楽書林)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうしょう‐しん【宝生新】
能楽師。ワキ方下掛宝生流一〇世宗家。本名朝太郎忠英。九世宝生金五郎の長子。「あらた」とも。明治末から昭和の前期にわたって活躍した。明治三~昭和一九年(一八七〇‐一九四四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝生新」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宝生新の関連情報

関連キーワード

普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史普仏戦争ナポレオン開拓使コッペリアシュトラウス文化闘争

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.