Rakuten infoseek

辞書

宝生弥一【ほうしょうやいち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宝生弥一
ほうしょうやいち
[生]1908.7.2. 愛媛,松山
[没]1985.3.11. 東京,中野
宝生流ワキ方の楽師。本名光本弥一郎。光本敬一の長男。1918年に上京し,宝生新に師事。1919年『小鍛冶』のワキヅレで初舞台。1931年『道成寺』を初演。1933年に宝生新の娘と結婚し,1937年に宝生に改姓。1942年『張良』を初演。1970年『卒都婆小町』のワキで芸術祭賞優秀賞,1973年度芸術選奨文部大臣賞,1980年日本芸術院賞。1972年紫綬褒章。1981年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。1983年日本芸術院会員に就任。長男に宝生閑がいる。(→

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

宝生弥一 ほうしょう-やいち
1908-1985 昭和時代の能楽師ワキ方。
明治41年7月2日生まれ。下掛(しもがかり)宝生流。11歳で上京して宝生新(しん)に入門,のち娘婿となり,昭和12年宝生姓を名のる。兄弟子の松本謙三とともにワキ方双璧といわれた。56年人間国宝。芸術院会員。昭和60年3月11日死去。76歳。愛媛県出身。法大専門部卒。前名は光本弥一。本名は弥一郎。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ほうしょうやいち【宝生弥一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

宝生弥一
ほうしょうやいち
(1908―1985)
能楽師。下掛(しもがか)り宝生流ワキ方。同じくワキ方の光本(みつもと)敬一の長男。本名は光本弥一郎。松山市に生まれる。1918年(大正7)に上京、名人宝生新(しん)に師事し、のちに娘婿となり、養子として宝生弥一を名のる。兄弟子の松本謙三(けんぞう)とともにワキ方の双璧(そうへき)とうたわれた。1954年(昭和29)能の初の海外公演に参加。重要無形文化財保持者(人間国宝)。芸術院会員。優れた風姿、慈味あふれる謡、温厚な人柄で能楽界の支えであった。長男の宝生閑(かん)(1934―2016)は、ワキ方の第一人者として活躍し、新しい演劇活動にも多く参加した。1994年(平成6)重要無形文化財保持者(人間国宝)。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝生弥一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宝生弥一の関連情報

関連キーワード

国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝内閣総理大臣キュビスムクリーマー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.