Rakuten infoseek

辞書

宝殿【ホウデン】

デジタル大辞泉

ほう‐でん【宝殿】
神宝や奉納品を入れておく建物。宝物殿。
をまつる建物神殿

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほうでん【宝殿】
宝物を入れておく建物。宝物殿。
神のやしろ。神殿。
立派な宮殿。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐でん【宝殿】
〘名〙
① 神宝、奉納品などを納めておく建物。たからどの。
※延喜式(927)四「造替正殿、宝殿及外幣殿
② 神仏のやしろ。本殿。本堂。
※懐風藻(751)和藤江守詠裨叡山先考之旧禅処柳樹之作〈麻田陽春〉「宝殿臨空構、梵鐘入風伝」
※今昔(1120頃か)三一「宝殿を造(つ)くて、微妙(めでたく)(かざり)て」 〔梁簡文帝‐大法頌序〕
③ 立派な宮殿。
※性霊集‐七(835頃)為葛摂津参軍設先考忌斎願文「懸智鏡於心台、甞醍醐于宝殿」 〔趙孟頫‐宮中口号詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝殿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宝殿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.