Rakuten infoseek

辞書

【じょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


じょう
仏教用語。高度の精神集中のこと。ある対象に精神を集中して乱れない状態。その境地深化の程度に応じて多くの種類名称がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょう〔ヂヤウ〕【定】
[名]
それと決まっていること。また、いつもそうすること。
「『ろおれんぞ』のいる方へ眼づかいをするが―であった」〈芥川・奉教人の死〉
確かなこと。真実。
「嚊(かか)も嘗められたというが―かや」〈逍遥・役の行者〉
(修飾する語を受けて)その通りであること。「案の
仏語。精神を集中して心を乱さないこと。三昧(さんまい)。禅定。
弓の弦の中心を麻で巻いて太くし矢筈(やはず)をかけるところ。さぐり。
(限度・範囲の意から転じて、接続助詞的に用いて)…であるものの。…とはいうものの。
「小兵といふ―十二束三伏(みつぶせ)弓は強し」〈平家・一一〉
[副]必ず。きっと。
「―、千年万年の齢(よはひ)をたもち」〈虎寛狂・松脂

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう【定】[漢字項目]
てい

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てい【定】[漢字項目]
[音]テイ(漢) ジョウ(ヂャウ)(呉) [訓]さだめる さだまる さだか
学習漢字]3年
〈テイ〉
物事を決めて変えない。さだめる。さだまる。「定員定価定期定義定刻定説仮定確定協定決定暫定指定推定制定選定測定断定判定否定評定法定未定予定
一所に落ち着いて動かない。「定住定着安定一定固定鎮定不定平定
決まり。さだめ。「規定
〈ジョウ〉
さだめる。さだまる。「定石定命(じょうみょう)定紋勘定評定老少不定
きっと。さだめて。「必定会者定離(えしゃじょうり)
仏教で、精神を一つに集中させること。「禅定入定
[名のり]さだ・さだむ・さだめ・つら・また・やす

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょう【定】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さだん【定】
暦注の十二直の一。建築・結婚などに吉、訴訟・旅行などに凶という日。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう【定】
( 名 )
決めたこと。約束。 「二月ならば末代欠き申すまじき由、-申ししあひだ/申楽談儀」
そうなるに決まっていること。必然のこと。必定。 「案の-」 「二とせあまりにすつきりとないが-なり/浮世草子・置土産 2
本当のこと。真実。 「いやいや、確か無いと聞いたが、有るが-か/狂言記・佐渡狐」
弓の弦の中央の矢はずをかける所。麻を巻き少し太くしてある。探さぐり。 「張り候ひて、そとす引をして、-にて弦音一度、-より上にて一度/今川大双紙」
〘仏〙 〔 samādhi〕 意識を一定の対象に集中させることで体験される宗教的精神状態。宗教的な瞑想状態の一種。三昧さんまい。 ⇔
(形式名詞)
ありさま。ようす。状態。 「うるはしく装束きて、冠・老懸などあるべき-にしければ/宇治拾遺 15
程度。範囲。 「大矢と申す-のものの、十五束に劣つて引くは候はず/平家 5
(接続助詞的に用いて)…といっても。…とはいうものの。 「大名一人と申すは、勢の少ない-、五百騎に劣るは候はず/平家 5
( 副 )
確かに。きっと。 「やい、-言ふか。も一禱いのりぞ禱つたり/狂言記・柿山伏」
[句項目] 定に入る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


じょう
心を一つの対象に集中し散乱させない精神作用、およびその状態をいう。原語はサマーディsamdhiで、三昧(さんまい)、三摩地(まじ)、三摩提(まだい)と音写される。定はその意訳語である。定は、仏教の実践大綱である戒(かい)、定、慧(え)の三学にもあり、また釈尊(しゃくそん)の八正道(はっしょうどう)の一つに正定(しょうじょう)がある。一般に禅定(ぜんじょう)という場合には種々の精神統一を総称する語として用いられるが、本来は禅(静慮(じょうりょ))と定(三昧)の2語の合成語である。大乗仏教では悟りを得るための実践方法や極楽(ごくらく)浄土へ往生(おうじょう)するための行として定が説かれた。[田上太秀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さだ‐け・し【定】
〘形ク〙 はっきりしている。確実である。公明である。正しい。
※書紀(720)履中即位前(寛文版訓)「冀はくは忠直者(たたしきひと)を見(うつし)得るまで、臣の不欺(サタケキ)(〈別訓〉さたかなること)ことを明さんと欲せば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さだまり【定】
〘名〙 (動詞「さだまる(定)」の連用形の名詞化)
① 物事が決まること。
※言国卿記‐文明八年(1476)八月二一日「明日二宮御方青蓮院に御さたまり也」
② 決まっている物事。きめ。きまり。
※玉塵抄(1563)七「年貢の定りのあるをまって、ををうとらるるぞ」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「昆布鱈に鰤の糀漬といふお定(サダマ)りでもあるめへとかいって」
③ 定まった運命。さだまりごと。宿命。
※人情本・英対暖語(1838)四「すゑ遂られぬ恋ならば、最初から結ばであるべきものを、儘にならぬが定(サダマ)りか」
④ こうしようと決めたこと。決意。覚悟。
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)後「他人がいろいろわるく言たりしゃくったりすると、否にもなったりしても、また恋ふ気になるのも、定(サダ)まりはないやうだけれど」
⑤ 治まること。しずまること。人が一つの状態におちつくこと。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「父は命の有る内に、是非娘の身の定(サダマ)りを見て安心為たいと言ふし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さだま・る【定】
〘自ラ五(四)〙
[一] 物事が一つの状態に落ち着いて動かないようになる。
① 決定する。決まる。
※万葉(8C後)一九・四二一四「天地の 初めの時ゆ うつそみの 八十伴(やそとも)の緒は 大君に まつろふものと 定(さだまれる)(つかさ)にしあれば」
② 安定する。落ち着く。治まる。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「天(あめ)、先(ま)づ成りて地(つち)後に定(サタマ)る」
※宇津保(970‐999頃)国譲下「かくて世中さだまりけり」
③ 慣例として定着する。一定となっている。
源氏(1001‐14頃)御法「さだまりたる念仏をばさるものにて、法花経など誦せさせ給ふ」
[二] 人が一つの状態に落ち着いて動かないようになる。
① その位置につく。配偶者となる。
※源氏(1001‐14頃)藤裏葉「かくやむごとなきかたにさだまり給ひぬるを、ただならずうち思ひけり」
※説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)二「おくりどのには、つゐにさたまる、みだいどころの御ざなければ」
② 心身が安定する。気持が落ち着く。
※源氏(1001‐14頃)帚木「世の中といふもの、さのみこそ今も昔もさたまりたること侍らね」
※俳諧・続猿蓑(1698)上「定らぬ娘のこころ取りしづめ〈芭蕉〉 寝汗のとまる今朝がたの夢〈支考〉」
③ 寝しずまる。やすむ。
※海道記(1223頃)市腋より萱津「幽月影顕はれて旅店に人定ぬれば」
④ 生まれる前から決まっている。運命づけられている。
※浮世草子・男色大鑑(1687)五「よしよしかかる恋路もさだまる種なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さだ・む【定】
[1] 〘他マ四〙 心に決める。思い定める。
※古事記(712)下・歌謡「大峰(おほを)にし 仲佐陀売(サダメ)る 思ひ妻あはれ」
[2] 〘他マ下二〙 ⇒さだめる(定)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さだめ【定】
〘名〙 (動詞「さだめる(定)」の連用形の名詞化)
① 物事を決めること。また、決心すること。決定。
落窪(10C後)一「その程の御さだめ、よくうけ給はりてなん仕うまつるべかなり」
② 物事を決定するための議論。評議。うち合わせ。
※源氏(1001‐14頃)須磨「とほくはなち遣すべきさだめなども侍るなるは、さま異なる罪に当るべきにこそ侍るなれ」
③ 事を判定すること。評価すること。判断。裁定。
※落窪(10C後)三「始めより知らぬ事なれば、われはの定にはいかが聞えん」
④ 決められていること。きまり。おきて。規定。
※源氏(1001‐14頃)葵「秋の司召あるべきさだめにて、大殿もまゐり給へば」
⑤ 生まれる前から決められていること。運命。
※天地有情(1899)〈土井晩翠〉暮鐘「恨みなはてそ世の運命(サダメ) 無限の未来後にひき 無限の過去を前に見て 我いまここに惑あり」
⑥ 安定すること。不変であること。
※源氏(1001‐14頃)蓬生「世の中のかくさためもなかりければ、かずならぬ身は、なかなか心やすく侍る物なりけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さだ・める【定】
〘他マ下一〙 さだ・む 〘他マ下二〙 物事や心を一つの状態、場所に落ち着かせて動かないようにする。
① 決める。決定する。
※書紀(720)持統三年閏八月(北野本訓)「其の兵士(ひと)は、一国毎に、四つに分ちて其の一つを点(サタメ)て、武(つはもの)の事を習は令めよ」
※浮世草子・西鶴織留(1694)五「下々はいやしき物に定(サダ)めて、上手につかひなすが奥がたの利発なり」
② (物事を決定するために)議論する。評議する。
※土左(935頃)承平五年二月一一日「しばしふねをとどめて、とかくさだむることあり」
③ 判定する。裁定する。評価する。
※書紀(720)敏達三年七月(前田本訓)「茲の大罪を以ては、放し還(つかは)すこと合はず。其の罪を断(サタム)
※随筆・胆大小心録(1808)九〇「近代の堂上の名家の書を始にみ習ふて、〈略〉ついには貫之・道風などをも定むる事とぞ」
④ 安定させる。一定させる。不変のものとする。多く、下に否定の表現を伴う。
※古今(905‐914)雑下・九八九「風の上にありかさだめぬちりの身は行方もしらずなりぬべら也〈よみ人しらず〉」
⑤ 平定する。治める。鎮(しず)める。
※古事記(712)中「天の八十毘羅訶〈此の三字は音を用ゐよ〉を作り、天神地祇(あまつかみくにつかみ)の社を定奉(まつ)りたまひき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さだん【定】
〘名〙 暦の中段に記された十二直(じゅうにちょく)の一つ。この日は造作、転宅、婚礼にはよいが、訴訟、旅立ちなどは忌むべきであるとする。
※長唄・再春菘種蒔(舌出し三番叟)(1812)「さて婚礼の吉日は縁をさだんの日を選み」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう ヂャウ【定】
[1] 〘名〙
① 定まったこと。さだまり。必然のこと。
※正法眼蔵随聞記(1235‐38)六「老病已に窮れり、死去定なり」
② 確かなこと。真実。
※虎明本狂言・武悪(室町末‐近世初)「やい、してごくらくが有と云せつもあり、又なひと云せつも有、うむの二けんがきはまらぬ、有がぢゃうか、又なひがぢゃうか」
③ (上に修飾語を伴って) その通り。確かな現実の有様。そのままの様子。
※夜の寝覚(1045‐68頃)二「大納言の北のかたは、ただ今の定にては、うしろめたかるべきにあらず」
※今昔(1120頃か)一九「此の定(ぢゃう)に念仏を申さば疑ひ无く極楽に生れなむ」
④ 一定の限度。定まった程度。修飾語をうけて接続助詞のように用いる。…ても。…とはいうものの。
※成尋母集(1073頃)「唐にわたりて、ひさしき定、三年、さらずば、それより近くもまで来なん」
※平家(13C前)一一「小兵といふぢゃう十二束三伏(みつぶせ)弓はつよし」
⑤ 取りきめ。おきて。規定。また、禁制。
※栄花(1028‐92頃)月の宴「今は御位もなきちゃうなればとて、網代車(あじろぐるま)に乗せ奉りて」
⑥ 範囲。境界を定めること。
※平家(13C前)五「ころびあふところに、かしこがほに上下よって、文覚がはたらくところのぢゃうをがうしてんげり」
⑦ (samādhi の訳語) 仏語。ある対象に心を専注して乱れないこと、または、その状態。また、それによって得られる特殊の精神状態をいう。三昧(さんまい)。禅定(ぜんじょう)
※観智院本三宝絵(984)上「定と恵と相ひ扶けて善くに至る」
⑧ 弓弦(ゆづる)の中心を麻で巻いて太くし筈をかける所。さぐり。
※弓法秘伝聞書「さぐりといふはよるの言葉ひるぢゃうと云べし」
[2] 〘副〙 必ず。きっと。確かに。
※史記抄(1477)一〇「さらう時には、余祭としたらばぢゃう合ふべきぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

定の関連情報

他サービスで検索

「定」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.