Rakuten infoseek

辞書

定額法【ていがくほう】

デジタル大辞泉

ていがく‐ほう〔‐ハフ〕【定額法】
減価償却方法の一。固定資産の耐用期間を通して、毎期同一額の減価償却費を計上する方法。直線法。→定率法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集

定額法
・定額法
・fixed amount method
・減価償却の計算方法の1つで、固定資産の価値が毎年同額下がると考える。
取得原価から残存価額を差し引いた残りを、耐用年数で割った金額が減価償却費
になる。
・一年当りの減価償却費=(取得原価-残存価額)÷耐用年数
・定額法は、毎年同額の償却を行うため、計算方法が簡単であるというメリットがある。一方、使用年数に比例して効率、価値が逓減する資産においては、収益と費用が対応しないなどのデメリットがある。

出典:(株)アクティブアンドカンパニー

世界大百科事典 第2版

ていがくほう【定額法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ていがくほう【定額法】
減価償却方法の一。固定資産の耐用年数の間、毎期同一額を償却していく方法。定額償却。直線式償却法。 → 定率法

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

定額法
ていがくほう
straight line method
固定資産に対する減価償却方法一種。毎年度同じ額の減価償却費を計上する方法で,償却計算の進行をグラフにして示すと直線となるため,アメリカでは直線法という。日本では税法で適用が規定されているために,実務上は定率法とともに最もよく利用されている。その特徴は計算が常識的でわかりやすく,償却額の均等計上を行うため,財務計算における減価償却費の均等負担に役立つことなどである。したがって歴史的にみて減価償却方法として最も早くから広く行われてきた。計算方法は固定資産の取得価額から残存価額を控除した額 (基礎価額) を見積耐用年数で除して求める。この残存価額とは当該固定資産を除却する時点でもまだ価値が残存する (たとえば売却などによる換金可能額) と認められる額のことで,日本の税法では通常取得価額の 10%を残存価額としており,そのの減価償却は認めない。なお無形固定資産については残存価額はゼロとしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ていがく‐ほう ‥ハフ【定額法】
〘名〙 (straight-line method の訳語) 減価償却の方法の一つで、固定資産の耐用年数にわたって毎期均等額を減価償却費として計上するもの。直線法。→定率法

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定額法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

定額法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.