Rakuten infoseek

辞書

定温動物【ていおんどうぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

定温動物
ていおんどうぶつ
homeotherm; homeothermic animal
環境の温度変化にもかかわらずかなり高い一定の体温 (36~42℃) を保つ動物群をいう。日常的には古来温血動物 warm-blooded animalという語がよく用いられ,恒温動物ともいう。鳥類哺乳類がこれにあたる (→変温動物 ) 。体温産出のおもな機構代謝の活発化であり,体温放散は主として発汗や,呼気中への水蒸気放散により行われる。体温を保つため,皮下脂肪などを有し,体表は羽毛または毛でおおわれている (ヒト例外) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ていおんどうぶつ【定温動物 homeotherms】
恒温動物とも,また俗に温血動物ともいう。変温動物対語体温を一定に保つような調節機構をそなえた動物で,鳥類と哺乳類をさす。体温を一定に維持するということは細胞の活動を正常に保てるということになり,変温動物が体温低下によって活動できないような寒冷環境下でも,代謝のレベルを正常に保ち,活発に運動することができる。一般に体温は外温より高いので熱は外界に逃げることになるから,体温を維持するためには,効率のよい産熱機構とともにその熱を外に逃がさないように体表に保温層を備えることが必要である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ていおんどうぶつ【定温動物】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ていおん‐どうぶつ テイヲン‥【定温動物】
〘名〙 体温がほぼ一定で、外界の温度変化の影響を受けない動物。一般に外界の温度より高い体温をもつ。哺乳類、鳥類などでみられる。毛や羽毛によって体温の放散を防ぎさらに一定の温度を保つ。恒温動物。温血動物。等温動物。
※新住居入門(1963)〈清水一〉一二「人間は体温およそ三六・五度をいつも保つ定温動物である」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ていおん‐どうぶつ〔テイヲン‐〕【定温動物】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

定温動物
ていおんどうぶつ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定温動物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

定温動物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.