Rakuten infoseek

辞書

定期【テイキ】

デジタル大辞泉

てい‐き【定期】
あることが行われる時期が定まっていること。また、一定の期間や期限。「定期演奏」「定期点検」
定期乗車券」の。「定期入れ」
定期預金」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ていき【定期】
期間・期限があらかじめ定まっていること。 -に開催する
「定期乗車券」の略。
「定期預金」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てい‐き【定期】
〘名〙
① ある日時からある日時までと定めること。また、その期限。一定の期間。
※解体新書(1774)四「凡婦人孕子、在子宮而其形未成、謂之胚。已成謂之胎。定期而生、謂之産」 〔晉書‐王羲之伝〕
② 次に行なわれるまでの期間が、毎回定まっていること。また、毎年、毎期のきまった時期に行なわれること。
※男女交際論(1886)〈福沢諭吉〉「禽獣の肉慾を発するは年に定期ありて人類にはこれあるを見ず」
③ 乗客や荷物などを運ぶために、一定の決まった時間的間隔をおいて運行するバスや列車など。
※春景色(1930)〈川端康成〉三「『お姉ちゃん、これ定期だね』と云ふのである。その腹の赤い乗合自動車であった」
※朝野新聞‐明治二二年(1889)九月二四日「定期当座の預け主は」
⑤ 「ていきとりひき(定期取引)」の略。〔現代新語辞典(1919)〕
※金(1926)〈宮嶋資夫〉一一「定期(テイキ)を張ったかて直(ぢき)を張ったかて、客はちゃんと口銭を払ふとる」
※自由学校(1950)〈獅子文六〉自由を求めて「まだ、定期の期限は切れていない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定期」の用語解説はコトバンクが提供しています。

定期の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.