Rakuten infoseek

辞書

官能【カンノウ】

デジタル大辞泉

かん‐のう〔クワン‐〕【官能】
生物の諸器官、特に感覚器官の働き。「官能検査
肉体的快感、特に性的感覚を享受する働き。「官能をくすぐられる」「官能美」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんのう【官能】
耳・鼻・目など、感覚器官の働き。 -障害
感覚器官を通して得られる快さ。特に、性的な感覚にいう。 -の喜び -をくすぐる -小説

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐のう クヮン‥【官能】
〘名〙
① 動物の感覚器官の働き、または諸器官の働き。肺臓の呼吸作用、耳の聴力の類。
※医範提綱(1805)題言「其中より全身諸物の名及び官能の綱領を述べ」
② 感覚を起こさせる感覚器の働き。理性の働きのまじらない心の作用。感能。〔哲学字彙(1881)〕
③ 肉体的満足、特に性欲を享受、充足する働き。
※邪宗門(1909)〈北原白秋〉父上に献ぐ「ここ過ぎて官能の愉楽のそのに」
④ 機能。〔哲学字彙(1881)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官能」の用語解説はコトバンクが提供しています。

官能の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.