Rakuten infoseek

辞書

官職【かんしょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

官職
かんしょく
国家公務員に割り当てられる。その職員の占める地位に対する職務と責任を内容とする (国家公務員職階制に関する法律) 。国家公務員法では職階制前提にして官職ということばを使っている。職階制に基づいて分類される官職を分類官職といい,職階制の適用のない検察官非常勤の官職を非分類官職という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐しょく〔クワン‐〕【官職】
官と職。官は職務の一般的種類、職は担当すべき職務の具体的範囲を示す呼び方。
国の機関において、公務員が具体的な職務と責任をもって占める地位。「官職を得る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんしょく【官職】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんしょく【官職】
各国家公務員に割り当てられている一定の職務と責任をもって占める地位。
官吏の担当する役目の一般的な分類である官と、その下の具体的な類別である職。
官制上の地位。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

官職
かんしょく
第二次世界大戦前の官吏制度においては、官と職を区別し、官吏の担任すべき職務を官職といい、官吏の身分を与えることを任官、具体的に担任すべき職務を指定することを補職と称した。第二次世界大戦後、国家公務員法によりこの官と職の区別が消滅し、官職とは一般職公務員に属する職であり、その内容は1人の公務員に割り当てられる職務と責任となった。職務の種類、職務の複雑さと責任の度合いに応じて分類される。こうした官職の概念は、任用、給与など、人事管理を行ううえでの基礎的概念といえる。[平田和一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐しょく クヮン‥【官職】
〘名〙
① 官(職務の一般的な種類)と職(職務の具体的な範囲)。
※権記‐長保二年(1000)五月一四日「身沈重病、無平復、因辞退官職
② 官制上の地位。官制によって定められた具体的な職務を分担する地位。官銜(かんがん)
※御堂関白記‐寛仁元年(1017)一一月二七日「辞官職」 〔漢書‐孔光伝〕
③ 官吏が国家から委任された一定範囲の事務。〔周礼‐天官・大宰〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官職」の用語解説はコトバンクが提供しています。

官職の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.