Rakuten infoseek

辞書

官板バタビヤ新聞【かんぱんバタビヤしんぶん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

官板バタビヤ新聞
かんぱんバタビヤしんぶん
江戸時代末期,幕府が公刊した海外情報紙で,日本最初の新聞。内容はジャワのオランダ領東インド政庁が幕府に贈った機関誌"Javasche Courant" (ヤバッシェ・クーラント) から国別方式で編集,記載したもの。文久2 (1862) 年に,幕府の蕃書調所が編集したもので,発行者は万屋兵四郎。和紙の木版刷りで,同年1月から2月までに全部で 23巻刊行された。1冊は数枚の抄録である。このあと,同年秋,同じような体裁で『官板海外新聞』と改題して開成所で編集し出版された。 (→海外新聞 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんぱん‐バタビヤしんぶん〔クワンパン‐〕【官板バタビヤ新聞】
江戸末期の逐次刊行物。文久2年(1862)江戸幕府の蕃書調所(ばんしょしらべしょ)が、バタビアのオランダ総督府の機関紙を抄訳・出版したもの。23巻まで刊行。のち、洋書調所が訳して継続したのが「官板海外新聞」で、内容は同質。日本の近代新聞の先駆となった。官版バタビア新聞

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんぱんバタビヤしんぶん【官板バタビヤ新聞】
江戸末期の新聞。1862年に幕府の洋書調所が、バタビヤのオランダ政庁機関紙から世界のニュースを抄訳して印刷刊行したもの。新聞と名付けられたものの最初。のち「官板海外新聞」と改称。バタビヤ新聞。文久新聞。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

官板バタビヤ新聞
かんぱんばたびやしんぶん
1862年(文久2)正月に発行された日本最初の邦字紙。鎖国中、長崎に入港したオランダ船が幕府に提出していた風説書(ふうせつがき)(ニュース)にかわって、オランダの新聞を献上するようになったため、この新聞を幕府の蕃書調所(ばんしょしらべしょ)が翻訳、江戸の書店萬屋(よろずや)兵四郎に発売させたもの。原書はバタビヤのオランダ総督府の機関紙『ヤバッシェ・クーラント』Javasche Courantで、1861年8月31日から11月16日までの分を抄訳し、翌年正月から2月に23巻に分けて発行した。半紙二つ折、5、6枚を1冊とし、木活字を用いて印刷した。内容は各国の情勢を国別に編集したもので、翻訳者は箕作阮甫(みつくりげんぽ)、川本幸民(こうみん)、杉田玄瑞(げんずい)、松本弘安(こうあん)、柳河春三(やながわしゅんさん)、神田孝平など一流の洋学者である。その後は、1862年8月から9月にかけて『官板海外新聞』と改題し、同年1月1日から29日までの分の抄訳を9巻に分けて発行している。[春原昭彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんぱん‐バタビヤしんぶん クヮンパン‥【官板バタビヤ新聞】
逐次刊行物。文久二年(一八六二)一月、江戸幕府の蕃書調所が、バタビア(現ジャカルタ)のオランダ政庁の機関紙「ヤバッシェ‐クーラント」を翻訳出版したもの。のち「官板海外新聞」と改題。日本の近代新聞の先駆となる。別称、文久新聞。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官板バタビヤ新聞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

官板バタビヤ新聞の関連情報

他サービスで検索

「官板バタビヤ新聞」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.