Rakuten infoseek

辞書

官僚政治【かんりょうせいじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

官僚政治
かんりょうせいじ
官僚が政治を左右する実権を握り,行政の世界でのみ妥当する慣行や意識によって支配を行使する政治形態をいう。近代の西欧先進国で官僚は法の執行,すなわち行政に専念すべきであるとの考え方が発達していた。これに対してドイツや日本では官僚の主導によって近代化が達成されたので,西欧諸国とは異質の政治形態として官僚政治という言葉が定着した。 20世紀に入って,政府に求められる役割が増大するにつれ,先進国の政府は高度に複雑で専門的な技術を要する膨大な専門官僚群を必要とするようになった。それゆえ現代の官僚組織には立法技術,財政,経済政策などを中心にして,政策立案や予算編成に関する膨大な技術と知識が蓄積されており,官僚が政策形成過程に大きな影響力をもつ源泉となっている。 (→官僚制 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんりょうせいじ【官僚政治】
一群の特権的な官僚が実権を握り、国民を支配する政治。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんりょう‐せいじ クヮンレウセイヂ【官僚政治】
〘名〙 ある種の特権を持つ一部の官僚が実質上の権力を握り、民意を無視して専制的、集権的に行なう政治。
※楼上雑話(1902‐05)〈内田魯庵〉「まだ此外にグリンカ、ムサルゴスキイ、ボーラヂン等の大音楽者は皆無学な官僚政治の犠牲となった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんりょう‐せいじ〔クワンレウセイヂ〕【官僚政治】
官僚が実質的支配権をにぎり、幅をきかせる政治体制。→政治主導

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官僚政治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

官僚政治の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.