Rakuten infoseek

辞書

官人【かんにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

官人
かんにん
令制の官吏の総称。狭義には太政官各省などに勤仕する初位以上六位以下のもの,六衛府の尉,将監以下のもの,院庁の公文,院掌などをさす。また,国司制における在庁官人や太政官に属した保官人をいうこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐じん〔クワン‐〕【官人】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐にん〔クワン‐〕【官人】
官吏。役人。かんじん。
「ある国の祗承(しぞう)の―の妻(め)にて」〈伊勢・六〇〉
律令制で、太政官・各省・寮司などの、初位以上六位以下の役人の称。
平安時代、位の低い役人。特に、近衛府の将監以下の称。
検非違使(けびいし)庁の役人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つかさ‐びと【官人】
官職にある人。官吏。役人。
「―より始めて、諸々の民に至るまで」〈東関紀行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんじん【官人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんじん【官人】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんにん【官人】
官吏。役人。かんじん。
律令制で、諸司の主典さかん以上六位以下の役人の総称。
平安時代、六衛府など諸司の判官じよう以下の、比較的下級の官吏。特に、近衛府の将監以下の称。かんじん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つかさびと【官人】
官職にある人。役人。官吏。かんにん。 「 -より初めてもろもろの民にいたるまで/東関紀行」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐じん クヮン‥【官人】
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉均霑論と均損論「理に明るい許りで策に迂なるは官人(クヮンジン)の通弊」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐にん クヮン‥【官人】
〘名〙
① 官吏。役人。
※万葉(8C後)一六・三八三七・左注「于時府家備設酒食宴府官人等
※伊勢物語(10C前)六〇「ある国の祗承の官人の妻にてなむあるとききて」
② 諸司の主典(さかん)以上の役人。
※令義解(718)選叙「凡官人至任。若無印文者。不受代
近衛将監以下および院司の庁官などの総称。
※宇津保(970‐999頃)吹上上「さ左の司のくん人。もののふしどもの中にも選びてなむ罷り下りて侍りし」
検非違使庁の佐と尉の役人。
※政事要略(1002頃)六一「案。式已上二条。右衛門府准此者。弘衛式云。凡撿挍右京非違者。官人一人。府生一人」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つかさ‐びと【官人】
〘名〙
官職にある人。朝廷につかえている役人。官吏。役人。つかさ。かんにん。
※延喜式(927)祝詞(九条家本訓)「主等・臣等・百(ももち)の官人(ツカサヒト)
② 宦官(かんがん)の異称。
※今昔(1120頃か)九「帝、亦、太子に枉誅(わうちうせら)れて、亦、閹の人、宗愛が為に被れぬ」
※観智院本名義抄(1241)「閹 ツカサ人 フクリトリヒク」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

官人の関連情報

他サービスで検索

「官人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.