Rakuten infoseek

辞書

宗谷【そうや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宗谷
そうや
南極観測で活躍した砕氷設備をもつ船。 2734総t (排水量 3869t) ,長さ 79.8m,幅 12.8m,深さ 9.3m。速力は最高 13.1ノット,巡航 12.6ノット。 1938年6月耐氷型貨物船として川南工業香焼島造船所で進水し,『地領丸』と命名されたが,40年1月海軍の用船となり,特務艦『宗谷』と改名した。第2次世界大戦後,引揚げ船として活動,49年末から海上保安庁灯台補給船となる。 55年 11月,国際地球観測年にあたり南極観測砕氷船として大改造され,翌 56年の第1次から 62年の第6次までの南極観測隊を運び,63年からは巡視船として北方海域で警備救難業務についた。 79年からは財団法人「船の科学館」に払下げられ,保存されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうや【宗谷】
北海道北端の総合振興局。局所在地は稚内市
日本最初の南極観測船。昭和13年(1938)耐氷型貨物船として建造。昭和31年(1956)砕氷船に改造され、第一次から第六次の観測に従事

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうや【宗谷】
南極観測のため1956年11月から62年4月まで6回にわたり海上保安庁によって運用された砕氷船。ソ連向けの耐氷貨物船として建造が開始され,1938年に竣工したが建造途中で注文は破棄され,民間の〈地領丸〉から40年に海軍特務艦〈宗谷〉(測量艦兼運送艦),戦後は海上保安庁灯台補給船となる。南極観測のため56年に満載排水量4200トン,4800馬力に改装され,その後も改装が続けられた。砕氷能力の不足から,第1次観測では氷にとじこめられ,ソ連の砕氷船オビの救援を受け,第2次観測では悪天候のため基地に近づけず越冬観測を断念するなどの不都合があった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうや【宗谷】
北海道北部の支庁。支庁所在地、稚内市。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そうや【宗谷】
初代の南極観測船。耐氷構造貨物船として1938年(昭和13)竣工。改装され56~62年、六次にわたり南極観測に従事。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうや【宗谷】
[一] 北海道北端の支庁。明治三〇年(一八九七)設置。支庁所在地は稚内(わっかない)市。
[二] 南極観測船の名。昭和一三年(一九三八)耐氷型貨物船として建造したものを、地球観測年にあたって同三一年砕氷船に改造。第一次から第六次の観測に従事した。満載排水量四二〇〇トン。同五三年、砕氷型巡視船「そうや」に名を譲る。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宗谷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宗谷の関連情報

他サービスで検索

「宗谷」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.