Rakuten infoseek

辞書

宗旨【シュウシ】

デジタル大辞泉

しゅう‐し【宗旨】
宗門の信仰内容の主旨として説くところ。ある宗教の教えの中心教義。「宗旨を説く」
一つの宗教の中の流派。宗門。宗派。
自分の主義・主張・趣味。好みのやり方や考え方。「宗旨に合わない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典

宗旨
宗教の教義のこと。仏式葬儀を行う場合、葬儀社より宗旨を尋ねられます。わからない時は、親族の年長者に確認します。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

大辞林 第三版

しゅうし【宗旨】
ある宗教・宗派の教義の中心となる趣旨。
一つの宗教の中の分派。宗派。宗門。
その人のもっている主義・主張・嗜好しこう・趣味など。
[句項目] 宗旨を替える

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐し【宗旨】
〘名〙
① 仏語。一宗、一経など、その説く教説の主要な旨趣。宗門の信仰内容の中心となっている教義。
※正法眼蔵(1231‐53)都機「仏法の宗旨、いまだ人天の小量にあらず」
② 一つの宗教の中で分かれている流派。宗教の分派。宗門。宗派。
※太平記(14C後)四「此君禅の宗旨(シウシ)に傾かせ給て」
③ 宗教を信ずること。信教。また、その宗教。
④ (比喩的に) 自分のやり方や主義や趣味または専門。また、それらに対する自分の好みや傾向など。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)二「是をそっちの宗旨(シウシ)にては、心中といふげな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宗旨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宗旨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.