Rakuten infoseek

辞書

宗家【ソウカ】

デジタル大辞泉

そう‐か【宗家】
そうけ(宗家)」に同じ。
「―の隆替は只此一挙にある事ゆえ」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐け【宗家】
一門・一族の中心となる家柄。特に、芸道などで正統を伝えてきた家。また、その家の当。家元。そうか。「茶の湯宗家

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうけ【宗家】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうか【宗家】
そうけ(宗家)に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そうけ【宗家】
一門の本家。また、流派の主となる家筋。そうか。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宗家
そうけ
伝統的な芸能、とくに能、歌舞伎(かぶき)、邦楽、邦舞などの舞台芸能の世界において、ある流派のうちで、もっとも由緒正しく権威と格式をもっている家をさしていう称号、あるいは敬称。能の観世(かんぜ)宗家、歌舞伎の市川宗家のように用いられる。茶道、花道、香道などの生活芸能や、古い伝統を伝える職人芸の分野では、家元はあっても宗家の称はない。近世の、それも比較的新しい時代に、家元という称をもてなかった舞台芸能の分野で、それにあたるものとして生まれた用語と考えられるが、詳細は不明。現代では、伝統芸能界の複雑な人間関係を処理する便法の一つとして、家元と宗家を分けてもっている分野が目だつ。[服部幸雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐か【宗家】
〘名〙
① 一族・一門の中心となる家筋。総本家。本家。そうけ。
※高野山文書‐宝治二年(1248)二月一〇日・高野山目代下知状「名手庄三ケ条事、宗家御教書如此」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉七「宗家(ソウカ)の隆替は只此一挙にある事ゆゑ」 〔漢書‐韋玄成伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐け【宗家】
〘名〙
※近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初「十二歳なる紀伊宰相殿を執立て軈(やが)て宗家(ソウケ)の世嗣とし」
② 芸道で、その流祖の正統を伝えてきた家。家元。
※読売新聞‐明治三八年(1905)五月一九日「金剛、喜多の両宗家を始め」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宗家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宗家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.