Rakuten infoseek

辞書

完了【カンリョウ】

デジタル大辞泉

かん‐りょう〔クワンレウ〕【完了】
[名](スル)
物事が完全に終わること。また、完全に終えること。「開店の準備が完了する」「予定の仕事を完了する」
文法で、動作・状態がすでに終了していること、また、その結果が現在まで実現している状態にあることなどを表す言い方。動詞に、文語では助動詞「」「」「たり」「」、口語では助動詞」などを付け表す。ヨーロッパ諸語では、基準とな時の違い応じて、現在完了過去完了・未来完了などの区別のあるものがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワンラ【完了】
《〈中国語〉》終了。終わり。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんりょう【完了】
( 名 ) スル
すべてがおわること。完全におわること。 「準備-」 「工事が-する」
文法で、動作・作用がその時点においてすでに終了していること、動作・作用の終了した結果が存在していること、また、動作・状態がなお継続していることなどを表す言い方。口語では助動詞「た(だ)」、文語では助動詞「つ」「ぬ」「たり」「り」などを付けて言い表す。なお、印欧語では、基準となる時の差に応じて、現在完了・過去完了・未来完了などの区別が見られるものがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐りょう クヮンレウ【完了】
〘名〙
① すっかり終わること。また、終えること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「その著作の業を、朝飯前に完了(〈注〉シマヒ)して」
② 文法で、動作作用・事件が完結する、または完結したままの状態にあること。また、そらを示す表現形式。
※中等教科明治文典(訂正)(1905)〈芳賀矢一〉二「(ニ)雨やみたりき 〈略〉 (ニ)は完了の時と、過去の時と重なりたるもの」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワン‐ラ【完了】
〘名〙 (中国語か) 終了。おしまい。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

完了」の用語解説はコトバンクが提供しています。

完了の関連情報

他サービスで検索

「完了」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.