Rakuten infoseek

辞書

宋音【そうおん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宋音
そうおん
日本の漢字音の一種。「そういん」ともいう。時代的に呉音漢音に次ぐもので,唐末ないし以後に伝えられたもの。「行 (アン) 」「鈴 (リン) 」「和 (ヲ〈オ〉) 」など。唐音 (とうおん,とういん) と同義に使うのが普通の用法であるが,強いて区別すれば,平安時代末期から鎌倉時代に伝えられた唐末・宋・元初のものを宋音,それ以後の明・清のものを唐音と呼ぶのが妥当であるともされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そう‐おん【×宋音】
日本における漢字音の一。平安中期から鎌倉時代にかけて日本に伝えられた、時代の中国語の発音に基づくもの。従来、唐音(とうおん)とされていたものの一部で、主に禅僧によって伝えられ、禅宗関係の語に多い。「行火(あんか)」の「あん」、「普請(ふしん)」の「しん」、「椅子(いす)」の「す」の類。唐宋音(とうそうおん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうおん【宋音】
日本で用いられている字音の一種。〈そういん〉とも呼ばれる。呉音,漢音よりおくれて唐末以後に伝えられたものであり,唐音と同義語として用いられるのが普通である。字音唐音【三根谷 徹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうおん【宋音】
宋から元初の頃までに日本に伝来した漢字音。「行」を「アン」、「鈴」を「リン」と読む類。一般には、唐音とうおんと呼ばれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宋音
そうおん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐おん【宋音】
〘名〙 漢字音の一種。一般に唐音、唐宋音と呼ばれる。特に平安中期から鎌倉時代にかけて伝えられた宋・元時代の中国語による漢字音をいう。おもに禅僧によって伝えられ、禅宗関係の語に多く用いる。「行灯」の「行(アン)」、「和尚」の「和(ヲ)」、「看経」の「経(キン)」、「塔頭」の「頭(チュウ)」など。そういん。
※三音正譌(1752)上「排斥惑説、本邦中古相伝者、有唐音宋音。未其備矣」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宋音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宋音の関連情報

他サービスで検索

「宋音」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.