Rakuten infoseek

辞書

宋璟【そうえい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宋璟
そうえい
Song Jing; Sung Ching
[生]竜朔3(663)
[没]開元25(737).洛陽
中国,唐の名相。 邢州 (河北省) の人。進士出身。則天武后時代御史中丞として寵臣張氏兄弟を誅すべしと奏請し,その剛正をうたわれた。8世紀初め宰相となり,姚崇 (ようすう) とともに綱紀粛正に努め,また節倹として国力培養をはかり,玄宗開元の治の基礎を築いた (→開元・天宝の治 ) 。吏部尚書から右丞相に進み,広平郡公に封じられ,死後文貞のを賜わった。「姚宋」は名相の代名詞に使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうえい【宋璟 Sòng Jǐng】
663‐737
中国,代の名宰相。邢州南和(河北省)の人。若くして科挙の進士科に合格し,則天武后に厳正ぶりを認められ頭角をあらわした。武后の寵臣張易之・昌宗兄弟を厳しく指弾したことは有名。睿宗朝に姚崇(ようすう)とともに宰相となり,武后・韋氏らによる混乱した政収拾に努めた。太平公主の政治介入により一時左遷されたが,玄宗朝にふたたび宰相となった。玄宗朝前半の開元の治は姚崇と彼に負うところが多く,唐初,貞観の治の〈房杜〉(房玄齢杜如晦)と同じように,〈姚宋〉と称せられ,唐代を代表する名相・賢相に数えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


そうえい
(663―737)
中国、唐の名相。 (けいしゅう)(河北省)の人で進士出身。則天武后時代に御史中丞(ぎょしちゅうじょう)となり、寵臣(ちょうしん)張氏兄弟を誅(ちゅう)すべしと奏請し、その剛正をうたわれた。8世紀初め、姚崇(ようすう)に次いで宰相に任じ、ともに綱紀粛正に努め、節倹を旨とし国力の培養を図り、開元の治の基礎を築いた。吏部尚書(りぶしょうしょ)から右丞相(うじょうしょう)に進み広平郡公に封ぜられ、死後文貞と諡(おくりな)された。貞観(じょうがん)時代の「房杜(ぼうと)」と並び「姚宋」は名相の代名詞に使われる。[池田 温]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宋璟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宋璟の関連情報

関連キーワード

白村江の戦朴市秦田来津百済豊璋王HR Tech大津宮大野城跡定時制高校百済王氏基肄城

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.