Rakuten infoseek

辞書

安部公房【あべこうぼう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

安部公房
あべこうぼう
[生]1924.3.7. 東京
[没]1993.1.22. 東京
小説家,劇作家。本名,公房 (きみふさ) 。 1948年東京大学医学部卒業。敗戦,父の死のショックもあってインターンを放棄,『近代文学』および「夜の会」に参加,特に後者のリーダー花田清輝やカフカの影響下に出発し,戦後文学賞受賞作『赤い繭』 (1950) ,芥川賞受賞作『壁-S・カルマ氏の犯罪』 (51) で注目を浴びた。 52年『人民文学』に参加し,『けものたちは故郷をめざす』 (57) ,『石の眼』 (60) ,『砂の女』 (62) ,『他人の顔』 (64) などで社会や人間関係の閉鎖性と脱出の可能性を超現実的,前衛的手法で追求。『幽霊はここにいる』 (58) などの戯曲,『棒になった男』 (57) などのラジオドラマ,『日本の日食』 (59) などのテレビドラマ,および映画にも幅広く活躍した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あべ‐こうぼう〔‐コウバウ〕【安部公房】
[1924~1993]小説家・劇作家。東京の生まれ。本名、公房(きみふさ)。前衛的手法で現代文学新生面を開いた。小説「砂の女」「他人の顔」「燃えつきた地図」、戯曲「友達」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

安部公房 あべ-こうぼう
1924-1993 昭和後期-平成時代の小説家,劇作家。
大正13年3月7日生まれ。昭和23年東大医学部在学中「終りし道の標(しる)べに」を発表。実存主義的な作家として知られる。花田清輝(きよてる)らの「夜の会」に参加,シュールレアリスムやマルクス主義に接近。26年「壁―S・カルマ氏の犯罪」で芥川賞。「砂の女」で38年読売文学賞,43年フランス最優秀外国文学賞。同書は世界各国で翻訳され,国際的作家となる。平成5年1月22日死去。68歳。東京出身。本名は公房(きみふさ)。小説はほかに「燃えつきた地図」,戯曲に「友達」など。
【格言など】みなさん自身の部屋が世界の果で,壁はそれを限定する地平線にほかならぬ(「壁」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あべこうぼう【安部公房】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あべこうぼう【安部公房】
1924~1993 小説家・劇作家。東京生まれ。本名、公房きみふさ。東大医学部卒。前衛的な手法で、出口なしの現代人の孤独を描く。小説「砂の女」「燃えつきた地図」、戯曲「友達」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

安部公房
あべこうぼう
(1924―1993)
小説家、劇作家。大正13年3月7日東京・滝野川に生まれる。本名公房(きみふさ)。1948年(昭和23)東京大学医学部卒業。幼少年期を満州(中国東北地方)の奉天(瀋陽(しんよう/シェンヤン))で過ごし、そこで敗戦を迎えた。そのときの混乱した異常体験は、『けものたちは故郷をめざす』(1957)に描かれている。戦後、花田清輝(きよてる)らの「夜の会」に参加、『近代文学』同人となり本格的な作家活動を始め、『終りし道の標(しる)べに』(1948)によって実存主義的な作家としてデビューする。やがて思想的にはコミュニズムに接近、シュルレアリスムを取り入れたアバンギャルド芸術を志向し、1951年『赤い繭(まゆ)』で戦後文学賞、『壁―S・カルマ氏の犯罪』で芥川(あくたがわ)賞を受賞して、特異な才能をもつ戦後作家として文壇的地位を確立する。その後、記録文学やSFへの関心が加わり、『闖入者(ちんにゅうしゃ)』(1951)、『飢餓(きが)同盟』(1954)、『第四間氷期』(1959)、戯曲『制服』(1954)、『幽霊はここにいる』(1959)など反リアリズム的な実験を試みるが、1962年『砂の女』で飛躍的な作家的成長を遂げ、文壇内外の高い評価を受けた。1960年代以降は、人間の自由をめぐる弁証法的な思考を軸に、共同体への否定の論理をモチーフにした作風が濃厚となる。『他人の顔』(1964)、『燃えつきた地図』(1967)、『箱男』(1973)、『密会』(1977)、戯曲『友達』(1967)、『棒になった男』(1969)などは、都市を舞台に風刺と幻想に満ちた手法で現代社会の病理を鋭くえぐっている。社会的に匿名存在であることの夢を描いた『箱男』、巨大な病院を舞台に医学と性のグロテスクな光景が繰り広げられる『密会』など、都市を舞台に意欲的に取り組んだのち、1980年代に入ると現代文明に対する危機意識をいっそう強め、『方舟(はこぶね)さくら丸』(1984)では、偶発核戦争の危機と生き残りをテーマに、核シェルターをつくりあげた人物の悲喜劇を描く。また『カンガルー・ノート』(1991)は、奇病に取りつかれた主人公が生命維持装置付きの浮遊するベッドとともに終末医療の地獄や死すら産業化されている冥界(めいかい)を遍歴する。フロッピーに残された遺作『飛ぶ男』(1994)に至るまで、国家の超越や個の自由という課題を見据えつつ、都市という迷路のなかで、「未知な他者というものへの通路を探る」というモチーフがさまざまに変奏され、前衛作家として小説というジャンルの最先端を疾駆し続けた。1973年より演劇グループ「安部公房スタジオ」を主宰。外国語訳された作品も多く、もっとも国際的な作家の一人であった。平成5年1月22日、急性心不全で死去。評論集に『砂漠の思想』(1965)、『内なる辺境』(1971)、対話集に『都市への回路』(1980)などがある。[石崎 等]
『『飛ぶ男』(1994・新潮社) ▽『安部公房全集』全29巻(1997~2000・新潮社) ▽『終りし道の標べに』(講談社文芸文庫) ▽『壁』『砂の女』『他人の顔』『燃えつきた地図』『箱男』『密会』『方舟さくら丸』『カンガルー・ノート』(新潮文庫) ▽『榎本武揚』(中公文庫) ▽渡辺広士著『安部公房論』(1976・審美社) ▽佐々木基一編『作家の世界・安部公房』(1978・番町書房) ▽高野斗志美著『安部公房論』(1979・花神社) ▽日本文学研究資料刊行会編『日本文学研究資料叢書 安部公房・大江健三郎』(1980・有精堂出版) ▽岡庭昇著『花田清輝と安部公房――アヴァンガルド文学の再生のために』(1980・第三文明社) ▽ナンシー・シールズ著、安保大有訳『安部公房の劇場』(1997・新潮社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あべ‐こうぼう【安部公房】
小説家、劇作家。東京の生まれ。本名、公房(きみふさ)。「近代文学」などに拠り、前衛的な手法で戦後文学に新生面を開いた。代表作に、小説「砂の女」「他人の顔」「燃えつきた地図」、戯曲「友達」など。大正一三~平成五年(一九二四‐一九九三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安部公房」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安部公房の関連情報

関連キーワード

島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔スティーブン スピルバーグ清水宏山本嘉次郎南アフリカ共和国怪獣

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.