Rakuten infoseek

辞書

安芸【あき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

安芸
あき
市中東部,東区北半の地区。旧町名。 1974年広島市編入太田川分流の猿猴川 (えんこうがわ) に注ぐ温品川 (ぬくしながわ) の流域に位置し,住宅団地や一般住宅が密集している。北部の馬木,福田は植木の産地。山陽自動車道の広島東インターチェンジがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あき【安芸】
旧国名の一。ほぼ現在の広島県西半分にあたる。芸州(げいしゅう)。
高知県東部の土佐湾に面する市。戦国時代、安芸氏が居城。武家屋敷が多く残る。瓦(かわら)・陶器を特産。人口2万(2010)。
広島市の区名。市の東部に位置する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

安芸
日本海軍の戦艦。薩摩型戦艦の2番艦。1907年進水、1911年就役の準弩級戦艦。タービン機関を搭載し、装甲巡洋艦並みの速力を実現。第一次世界大戦に参加したのち、ワシントン海軍軍縮条約により廃艦が決まり、除籍。1924年に標的艦として沈没

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安芸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安芸の関連情報

他サービスで検索

「安芸」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.