Rakuten infoseek

辞書

安田善次郎【やすだぜんじろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

安田善次郎
やすだぜんじろう
[生]天保9(1838).10.9. 富山
[没]1921.9.28. 神奈川,大磯
実業家。安田財閥の創設者。生家は最下級武士。安政5 (1858) 年江戸へ出て玩具商,海産物・両替商,唐物商に奉公。文久3 (63) 年独立し日本橋小舟町で露店銭両替商を開業,翌年には日本橋乗物町に両替屋兼小売商を開業し屋号を安田屋 (66年安田商店と改称) と称した。その後世情不安のなかで幕府依頼の古金銀の買集めで利を得,次いで明治維新後も太政官札を買集めて巨利を得た。 1874年以後は司法省ほか諸官庁の公金取扱い御用を引受けることとなり,金融業者として急成長した。 76年第三国立銀行開業の認可を受け,さらに 80年安田商店を安田銀行として発足させ,97年には銀行5行,保険会社3社,ほかに事業会社4社を手中に収めるにいたった。また 82年日本銀行設立にも参画して理事に就任し銀行家としての基盤を確立,1904年には第百三十銀行を援助し,国家財政の危機を救うなど手腕をふるった。晩年には日比谷公会堂,東京大学講堂を寄付するなど社会事業に尽力したが,大磯の別荘で国粋主義者朝日平吾に刺殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やすだ‐ぜんじろう〔‐ゼンジラウ〕【安田善次郎】
[1838~1921]実業家。富山の生まれ。幕末の江戸で両替商安田商店を営んで成功し、維新後、安田銀行に改組、また生命保険損害保険会社を創立し、金融資本中心の安田財閥を築いた。日比谷公会堂・東大安田講堂を寄付。大磯で刺殺された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やすだぜんじろう【安田善次郎】
1838‐1921(天保9‐大正10)
明治・大正期の実業家。無一文から出発し,一代にして財を築きあげ,安田財閥の祖となった。富山藩の下級士族の家に生まれる。父の善悦の代に士族身分を買ったが,善次郎の幼年時代は農業もあわせ営む貧しい生活であった。1858年(安政5),商業で身を立てる志を抱いて江戸へ出,銭両替商に奉公した。62年(文久2)鰹節商に入婿したが,銭投機に失敗して離縁。64年(元治1)に銭両替商安田屋として独立した。66年(慶応2)に日本橋小舟町に移り安田商店と改称したころから古金銀,太政官札,公債の売買によって巨利を博し,一躍財をなした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やすだぜんじろう【安田善次郎】
1838~1921) 実業家。安田財閥の創立者。越中富山に生まれ、二〇歳で江戸に出て両替店に奉公。維新後、太政官札の買い占めで両替商として成功、第三国立銀行、安田銀行などを創設した。日比谷公会堂・東大安田講堂を寄付。大磯で暗殺された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

安田善次郎
やすだぜんじろう
(1838―1921)
明治・大正期の企業家。安田財閥の創設者。越中国(えっちゅうのくに)(富山県)出身。青年期に江戸に出て、両替商に奉公したのち独立し、1866年(慶応2)日本橋小舟町に安田商店を開業した。慶応年間には古金銀を買い付け、維新後は新政府の紙幣「太政官札(だじょうかんさつ)」を積極的に売買して資本を蓄積した。また公債の大量買い付け、諸官庁や地方の公金の取扱い、業務を拡大し、1876年(明治9)に第三国立銀行を設立し、1880年には安田商店を安田銀行(のちの富士銀行。現みずほ銀行、みずほコーポレート銀行)に改組した。創立期の日銀の理事となり、松方正義(まつかたまさよし)の信用をかちとり、不安定だった多数の銀行を買収するかたわら、生命保険、損害保険会社を興し、金融中心の安田財閥を築いた。彼は世間的な寄付を好まなかったので誤解され、神奈川県大磯(おおいそ)の別荘で国粋主義者に刺殺された。晩年には日比谷公会堂(ひびやこうかいどう)、東京大学講堂(安田講堂)など独自の公共事業への構想をもっており、それらは死後に実現した。[由井常彦]
『矢野龍溪著『安田善次郎』(中公文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やすだ‐ぜんじろう【安田善次郎】
実業家。富山県出身。幕末、日本橋に銭両替店を開業。以来金融業を営み、多数の銀行を設立、また買収して安田財閥を築いた。晩年、東京帝国大学安田講堂・日比谷公会堂などを寄付し、公共事業にも貢献した。天保九~大正一〇年(一八三八‐一九二一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安田善次郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安田善次郎の関連情報

関連キーワード

桜田門外の変/参加者一覧シューマンニコライレールモントフグラバージェーンズスタウトデーニッツデービスパーマー

他サービスで検索

「安田善次郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.