Rakuten infoseek

辞書

安政地震【あんせいじしん】

世界大百科事典 第2版

あんせいじしん【安政地震】
安政年間(1854‐60)に起こった地震で,次の三つが著名。1854年12月23日(安政1年11月4日)午前9時すぎに安政東海地震(安政地震I)が遠州灘沖に発生した。震央位置は北緯34゜,東経137.8゜,マグニチュードは8.4といわれるが,震源域は遠州灘沖から駿河湾内の全長200km以上の海域におよんでいることが明らかとなった。有感地域は岩手県から九州におよんでいる。被害のひどかったのは,沼津から浜松に至る沿岸よりの地域と,富士川沿いに甲府盆地におよぶ地域である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

安政地震」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安政地震の関連情報

関連キーワード

ペリー(Matthew Calbraith Perry)安政ハイネ日本年号一覧オレンジ自由国津田市川団十郎ゴンクール(兄弟)佐波賀だいこん小野善右衛門

他サービスで検索

「安政地震」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.