Rakuten infoseek

辞書

安愚楽鍋【あぐらなべ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

安愚楽鍋
あぐらなべ
仮名垣魯文滑稽本。 1871~72年刊。「牛店雑談 (うしやぞうだん) 」の角書がある。式亭三馬の『浮世床』の髪結床,『浮世風呂』の銭湯に代えて,舞台を文明開化の新風俗として出現した牛鍋屋に移し,そこに集るさまざまな客の風態,会話を諧謔をまじえて描いた作品。「西洋好の聴取」「堕落者 (なまけもの) の廓話」など 18節から成る。新時代との対応を急ぐ戯作者の限界を示しただけの作品だが,筆致は意外に写実的で,開化期の風俗をうかがう資料に利用できる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あぐらなべ【安愚楽鍋】
仮名垣魯文(かながきろぶん)の滑稽(こっけい)小説。明治4~5年(1871~1872)刊。牛鍋店に出入りする客を描き、文明開化期の風俗を風刺したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あぐらなべ【安愚楽鍋】
仮名垣魯文(かながきろぶん)の戯作(げさく)。3編5冊。1871‐72(明治4‐5)年出版。角書(つのがき)に〈牛店雑談〉とある。文明開化の訪れを楽しむ庶民の実態を,あぐらをかいて食べる安直な牛鍋屋の座敷に凝縮して再現した作品。登場人物は田舎侍,工人,生(なま)文人,娼妓,商人といった庶民階級で,精細な人物描写と会話に写実味があり,その写実を通して,無批判かつ安直に開化の現実を受け入れている庶民の生活意識と風俗を浮彫にする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あぐらなべ【安愚楽鍋】
小説。仮名垣魯文作。1871(明治4)~72年刊。牛鍋を囲む庶民の雑談の形で、文明開化の世相を滑稽に描く。牛店雑談安愚楽鍋。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

安愚楽鍋
あぐらなべ
仮名垣魯文(かながきろぶん)の戯作(げさく)小説。3編5冊。1871~1872年(明治4~5)刊。「牛店雑談(うしやぞうだん)」の角書(つのがき)がある。明治維新後、東京市中に続々と開業した牛鍋(ぎゅうなべ)屋を舞台に、あぐらをかいて牛鍋をつつきながら気楽なおしゃべりを交わす庶民の生態を、滑稽本(こっけいぼん)風の手法で生き生きとスケッチした作品。田舎(いなか)武士、職人、生(なま)文人、芸者、商人などの登場人物の会話のなかには、蒸気車、伝信機(てれがらふ)、こうもり傘など、開化の文物が縦横に取り上げられている。風俗のレベルで「文明開化」を摂取した庶民の反応を的確にとらえた魯文一代の傑作である。[前田 愛]
『『明治文学全集1 明治開化期文学集(1)』(1966・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あぐらなべ【安愚楽鍋】
滑稽小説。三編五冊。仮名垣魯文作。角書「牛店雑談(うしやぞうだん)」。明治四~五年(一八七一‐七二)刊。開化期の世相を牛鍋屋に集まる庶民の会話を通して描く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安愚楽鍋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安愚楽鍋の関連情報

関連キーワード

廃藩置県普仏戦争マーシャルインターナショナル新教育高田藩北海道開拓郵便切手おもなお雇い外国人日本科学史(年表)

他サービスで検索

「安愚楽鍋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.