Rakuten infoseek

辞書

安徽南部の古村落-西逓-宏村【あんきなんぶのこそんらくせいていこうそん】

世界遺産詳解

あんきなんぶのこそんらくせいていこうそん【安徽南部の古村落-西逓-宏村】
2000年に登録された中国の世界遺産(文化遺産)。安徽省南部の黄山市黟県、歙(い)県、績渓には明・清代の古民家が多数残されており、当時の住居や村落を知る手がかりとしてたいへん貴重な存在になっている。両面屋根造りで白壁の民家は、この地方の明・清代からの伝統的な住居建築様式である。特に、黟県の西逓(シーディ)、宏村(ホンツゥン)は、伝統的な村落の区画と民家が当時に近い状態で残されていることから、世界遺産として登録された。◇英名はAncient Villages in Southern Anhui-Xidi and Hongcun。安徽は中国語でエンフィと発音する。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安徽南部の古村落-西逓-宏村」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安徽南部の古村落-西逓-宏村の関連情報

関連キーワード

星図自動車電話よしもとばなな2000年問題プーチン奈良美智シャキール オニール2000年問題岡本太郎出版取次業

他サービスで検索

「安徽南部の古村落-西逓-宏村」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.