辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

安宅安五郎【あたか やすごろう】

美術人名辞典

安宅安五郎
洋画家。新潟県生。東美校西洋画科に学び黒田清輝らに師事する。日展出品衣嘱者となり審査員もつとめる一方、創元会・白朝会などに出品する。昭和31年日本文化代表団として訪中した。昭和35年(1960)歿、77才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

安宅安五郎 あたか-やすごろう
1883-1960 明治-昭和時代の洋画家。
明治16年4月23日生まれ。黒田清輝らにまなび,文展で活躍。大正8年の第1回帝展で「白蓮樹」が特選となった。昭和35年9月1日死去。77歳。新潟県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品はほかに「教育勅語下賜」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安宅安五郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安宅安五郎の関連情報

他サービスで検索

「安宅安五郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.