辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

安宅冬康【あたぎ ふゆやす】

美術人名辞典

安宅冬康
戦国時代の武将・歌人。和泉岸和田城主。三好長慶の弟。通称は鴨冬、号は宗繁、一舟軒。淡路の由良洲本岩谷などの城をあわせ領した。和歌・堺流及び飛鳥井流の書を能くする。また、茶の湯を好んだ。永禄7年(1564)歿

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

安宅冬康 あたぎ-ふゆやす
1528-1564 戦国時代の武将,歌人。
享禄(きょうろく)元年生まれ。三好長慶(みよし-ながよし)の弟。和泉(いずみ)(大阪府)岸和田城主。淡路(あわじ)の由良(ゆら)・洲本(すもと)・岩屋などの城をあわせ領した。和歌や書にたくみで,連歌句集「安宅冬康句集」がある。松永久秀の謀略で兄長慶に永禄(えいろく)7年5月9日殺された。37歳。通称は鴨冬。号は宗繁,一舟軒。
【格言など】古(いにしへ)をしるせるふみの跡も憂しさらずはくだる世とも知らじを(「野史」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あたぎふゆやす【安宅冬康】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安宅冬康」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安宅冬康の関連情報

他サービスで検索

「安宅冬康」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.