Rakuten infoseek

辞書

安城家の兄弟【アンジョウケノキョウダイ】

デジタル大辞泉

あんじょうけのきょうだい〔アンジヤウケのキヤウダイ〕【安城家の兄弟】
里見弴長編小説。昭和2年(1927)から昭和5年(1930)にかけて複数の雑誌に発表、昭和6年(1931)刊。著者自身をモデルとした作品群「昌造もの」の一つで、有島武郎が大正12年(1923)に起こした情死事件を心に描いている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安城家の兄弟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安城家の兄弟の関連情報

関連キーワード

島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.