Rakuten infoseek

辞書

安否【アンピ】

デジタル大辞泉

あん‐ぴ【安否】
無事かどうかということ。安全か(いな)か。「遭難者の安否を気遣う」「安否を問う」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あん‐ぷ【安否】
《「あんぶ」とも》「あんぴ(安否)」に同じ。
「サレドモソノ獣生死ノ―ヲ試ミョウト思ウタカ」〈天草本伊曽保・二人の知音〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あんぴ【安否】
無事かどうかということ。 -を尋ねる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あん‐ぴ【安否】
〘名〙 (「あんび」とも)
① 安らかであるか、そうでないか。安全か否か。興るか亡びるか。安心と不安。あんぷ。
※明月記‐治承四年(1180)五月三〇日「前途又不安否
② (特に人の身の上などについて) 無事か無事でないか。さらに、それを中心とした日常の様子、動静、消息などをいう。あんぷ。
※太平記(14C後)一四「此の間東西数百里を隔て、安否(あんヒ)更に知らざりしかば」
※浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)三「主人の安否(アンビ)心元なし爰明てたべ」 〔礼記‐文王世子〕
③ あれこれと考えること。思案。あんぷ。
※浄瑠璃・義経地獄破(1661)一「いそぎあんひを廻らし、此事をはかるに」
[語誌]室町末期ではローマ字書きのキリシタン文献や多くの節用集で「あんぷ」とし、江戸後期の節用集の多くやヘボン「和英語林集成」の諸版は「あんひ(ぴ)」とするところから、近世に「あんぷ」から「あんぴ」へと語形が交替したと考えられる。ただし、すでに室町期に「あんひ(ぴ)」もあるし、明治一〇年頃の「小学読本字引」やその後の「言海」などには「あんふ(ぷ)」も残る。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あん‐ぷ【安否】
〘名〙 (「ふ」は「否」の呉音) =あんぴ(安否)
※毛利家文書‐(天文二三年)(1554)四月一六日・毛利隆元書状「元就をあんふにかけ候てくたし候て」
[語誌]→「あんぴ(安否)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安否」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安否の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.