Rakuten infoseek

辞書

安全開架式【あんぜんかいかしき】

図書館情報学用語辞典

安全開架式
開架書架と閲覧席が分離しており,利用者が開架書架から資料を持ち出すときに一定の手続を必要とする閲覧方式.盗難や紛失防止のための方式で,初期の安全開架は厳密なものであった.最近では自由開架式がほとんどとなっているが,図書館のロッカー使用はこの痕跡ともいえる.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安全開架式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安全開架式の関連情報

他サービスで検索

「安全開架式」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.