Rakuten infoseek

辞書

安倍川【あべかわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

安倍川
あべかわ
静岡・山梨県境の安倍峠付近に源を発し,静岡県中央部を南流駿河湾に注ぐ川。全長 51km。東海型の急流河川で,上流域には大谷崩をはじめ大小いくつかの崩壊地があり,中流域にかけて河岸段丘が発達,集落が立地している。流域は江戸初期にかけて,金山が開発され産金地帯として知られた。下流域は静岡平野で,静岡市街地南郊に登呂遺跡がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あべ‐かわ〔‐かは〕【安倍川】
静岡市を南流する川。山梨県との境にある安倍峠に源を発し、駿河湾に注ぐ。長さ51キロ。
安倍川餅(もち)」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あべかわ【安倍川】
静岡・山梨県境の安倍峠に源を発し,静岡市域を南流して静岡平野の南の中島で駿河湾に流入する川。幹川流路延長51km,全流域面積567km2。おもな支流には上流から安倍大谷(おおや)川,安倍中河内川,足久保川,藁科(わらしな)川,丸子川などがある。本流が流域の東寄りに偏っているため,これらの支流はいずれも北西(右岸)側から流入しており,北東(左岸)側から流入する支流は短小な急流に限られる。安倍川の本流は赤石山脈の南東部に深いV字谷をうがってほぼ直線状に南流しているが,その東側には十枚山(1719m)から真富士山~竜爪(りゆうそう)山(薬師岳,文珠岳)~賤機(しずはた)山へとのびる新第三系の粗面岩,流紋岩類からなる急峻な山列があって,その稜線東側にフォッサマグナの西縁を画する糸魚川‐静岡構造線が走っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あべかわ【安倍川】
静岡県東部、身延みのぶ山地の安倍峠に源を発し、南流して静岡市の南方で駿河湾に注ぐ川。長さ51キロメートル。しばしば氾濫し、旧東海道の難所。
「安倍川餅」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔静岡県〕安倍川(あべかわ)

静岡県中部を流れる川。1級河川(安倍川水系)。延長51km。流域面積567km2。身延(みのぶ)山地の安倍峠南方に源を発し、南流して藁科(わらしな)川などを合流、静岡市駿河(するが)区で駿河湾に注ぐ。源流域付近に大谷崩(おおやくずれ)の大崩壊地がある。江戸時代は大井(おおい)川とともに東海道の徒渉点として知られた。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の郷土料理がわかる辞典

あべかわ【安倍川】

安倍川餅」の略。⇒安倍川餅

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

安倍川
あべかわ
静岡市梅ヶ島温泉北方の安倍(あべ)峠に源をもち、静岡市街地南部で駿河(するが)湾に注ぐ川。一級河川。流路延長51キロメートル。流域面積567平方キロメートル。中河内(なかごうち)川、足久保(あしくぼ)川、藁科(わらしな)川などがおもな支流である。流域は瀬戸川層群、竜爪(りゅうそう)層群などの地質からなり、断層や破砕帯も多く、源流に近い大谷崩(おおやくずれ)は代表的な崩壊地。また、急流であるため河川の諸作用も激しく、砂礫(されき)からなる広い河原をみせ、下流に形成された扇状地には静岡市街地がのっている。荒れ川であるため、中・下流部では薩摩(さつま)土手をはじめ、雁行(がんこう)状の霞堤(かすみてい)による治水が進められ、新田集落が開かれた。利水面では静岡市の上水道、静清(せいせい)工業用水道の水源として、伏流水が取水されている。河床の砂礫も骨材として採取されたが、河床低下が問題となった。江戸時代、東海道を旅する人は徒渉でこの川を渡った。両岸には川会所があり、川越人夫を常備していた。[北川光雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安倍川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安倍川の関連情報

他サービスで検索

「安倍川」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.