Rakuten infoseek

辞書

安井息軒【やすいそくけん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

安井息軒(やすいそくけん)
やすいそくけん
(1799―1876)
幕末の儒学者。寛政(かんせい)11年元旦、古学派の儒者安井滄洲(そうしゅう)(1767―1835)の次男として日向(ひゅうが)国(宮崎県)清武(きよたけ)(現、宮崎市)に生まれる。名は衡(こう)、字(あざな)は仲平(ちゅうへい)。息軒と号す。1819年(文政2)21歳で大坂に遊学、兄の死とともに帰る。1824年26歳で江戸に出て昌平黌(しょうへいこう)に入るが、3年で退学して松崎慊堂(まつざきこうどう)の門に入り、古注学を修める。1827年退塾、藩主飫肥(おび)侯の侍読となり、藩校設立とともに父滄洲は教授、息軒は助教となる。ほどなく辞して昌平黌に再入学する。刻苦勉励してその学名はようやく世に高まるに至った。1841年(天保12)43歳のとき江戸に三計塾(さんけいじゅく)を開き、多くの英才がその門に集まった。49歳で再度藩侯に召され、重用される。1853年(嘉永6)ペリー来航にあたっては『海防私議』を著して国防の要を論じた。徳川斉昭(とくがわなりあき)はこれに感じて、藤田東湖(ふじたとうこ)を遣わして意見を聞かせている。1862年(文久2)64歳にして昌平黌の儒官にあげられた。程朱学をもっぱらとする昌平黌に古学者息軒を登用したことは異例のことであった。明治維新ののちは著述に過ごし、明治9年9月23日東京に没した。78歳。息軒の学風は、古学の立場をとり、漢唐の古注学を本とし考証を重んじたところにある。宋明(そうみん)の学は理に走ってかえって道に遠ざかるものと批判し、清儒(しんじゅ)の学は古学を発明すること大なるものがあると記している。著書は『書説摘要』(1868成立)『毛詩輯疏(しゅうそ)』『周礼補疏(しゅらいほしょ)』『論語集説』(1872)『大学説』(1909)『中庸(ちゅうよう)説』(1909)『孟子(もうし)定本』(1909)『管子纂詁(かんしさんこ)』(1866)『左伝輯釈』(1871)『弁妄(べんもう)』『息軒文鈔(ぶんしょう)』『息軒遺稿』(1878)その他多数に及ぶ。[渡部正一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安井息軒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安井息軒の関連情報

他サービスで検索

「安井息軒」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.