Rakuten infoseek

辞書

【しゅ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しゅ
shou
中国の地方行政長官。秦の時代に郡県制が成立すると,郡の長官を郡守と呼んだ。郡守は政務一般を担当し,軍事を司る都尉とともに郡治にあたった。秩禄は 2000石 (せき) で丞相などに次いで高く,その重要性を示している。次官に丞がいて郡守を補佐し,さらに属官にはそれぞれの担当官がいた。郡守や丞は皇帝が任命した。特に前漢中頃からは出身地回避の制 (→回避制度 ) が始ったが,属官は郡守が任命したから,在地の有力者が任用されることが多かった。前漢景帝の中元2 (前 148) 年以後太守と改名され,隋・唐時代に一時廃されたことがあったが,一応唐末まで存続した。しかし北魏の頃からは重要性が減じ,刺史がこれに代った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう〔かう〕【守/長官】
《「かみ」の音変化》律令制で、四等官のうちの最高位。「―の君」「―の殿(との)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ【守】
国守」「守護」などの略。
律令制で、位署などの際、官が位よりも高いときに位階官職の間に書き添える語。「従三位大納言」⇔行(ぎょう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ【守】[漢字項目]
[音]シュ(呉) (呉) [訓]まもる もり かみ
学習漢字]3年
〈シュ〉
まもる。まもり。「守旧守護守備看守固守攻守死守遵守鎮守(ちんじゅ)保守墨守
地方長官。「国守太守
〈ス〉まもる。「留守(るす)
〈もり〉「守役子守関守
[名のり]え・さね・ま・もれ
[難読]守宮(やもり)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もり【守(り)】
まもること。また、その人。「渡し守り」「灯台守り
子供のめんどうをみること。また、その人。子守。「赤子の守りをする」→御守(おも)り

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かみ【守】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しゅ【守】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅ【守】
律令制で、官が高く位の低い者が公文書に署名するとき、位と官との間に書く語。 ⇔ ぎよう 「従三位-大納言兼行/宇津保 初秋」 → 位署いしよ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ【守】
〘名〙
① 令の官位相当制に関する用語。自分の任ぜられた官職の相当位が、自分の帯している位階より高い場合、位署などの際、位階と官職名の間に書き加えて、両者の関係を示した語。→ぎょう(行)
※令義解(718)選叙「而本位有高下者。若職事卑為行。高為守」
② 「こくしゅ(国守)」「しゅご(守護)」などの略。
※史記抄(1477)一三「漢中の守になったぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まぼら・う まぼらふ【守】
〘他ハ下二〙 (室町時代はヤ行にも活用した) =まもらう(守)(二)
※宇津保(970‐999頃)国譲上「前にふせて、つねまぼらへてぞある」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もり【守】
〘名〙 (動詞「もる(守)」の連用形の名詞化)
① 監視すること。監視しまもること。また、その人。番人。「島守」「野守」など、多く複合語として用いられる。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※欅の芽立(1936)〈橋本英吉〉八「いいえね、そりゃ独身と云っても、やはりこの家に置いて位牌の守(モリ)をさせて貰ひます」
② 子どもの面倒をみること。子どもをまもり養育すること。また、その人。子守。守役。傅(かしずき)。〔名語記(1275)〕
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「おれが骸(からだ)がきかねへから、守(モリ)が一つ出来ねへのに」
③ 和船の帆柱の受座。船底に大栓をもって固着し、さらに盲居(めくらすえ)というせり木をもってかためる。中央に帆柱の元の凸部這座(はいのざ)をはめ込む凹所(守這座)を設ける。子持。合(ごう)。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

も・る【守】
〘他ラ四〙 (目を離さず見続ける意)
① 入口などにいて外敵や獣の侵入を防いだり、異変を他に知らせたりする。番をする。見張る。まもる。
万葉(8C後)六・九五〇「大君の境賜ふと山守おき守(も)るといふ山に入らずは止まじ」
② そばにいて常に安全であるように取り計らう。守護する。まもる。
※万葉(8C後)一四・三三九三「筑波嶺の彼面此面(をてもこのも)に守部据ゑ母い毛礼(モレ)ども魂そ逢ひにける」
③ いつも見ていて隙をうかがう。
※万葉(8C後)一二・三一二二「心なき雨にもあるか人目守(もり)ともしき妹に今日だに逢はむを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

守の関連情報

他サービスで検索

「守」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.