Rakuten infoseek

辞書

守護【しゅご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

守護
しゅご
鎌倉,室町幕府治安維持および武士統制のために国単位に設置した地方官。文治1 (1185) 年,源頼朝が弟義経の探索を目的として諸国に設置することを奏請して勅許を得たことに始る。その職務権限は「大犯 (だいぼん) 三箇条」と称され,大番催促,謀反人および殺害人の検断権が与えられた (公家,本所領内のものでも検断することができた) 。鎮西 (ちんぜい) の守護 (→鎮西奉行 ) については他の国の守護には認められない権限も付与されていた。守護の選任にあたっては関東有力御家人が任命され,次第に世襲化の傾向が強まったが,地域的封建関係が発生するまでにはいたらず,鎌倉時代末期には北条氏得宗家の守護職兼併が行われた。室町幕府の守護も,制度としては鎌倉幕府にならったものであったが,その権限ははるかに拡大強化され,やがて守護大名へと変質していった。そして半済 (はんぜい) や守護請などの手段によって荘園を侵略し,一国平均の段銭や棟別銭を課して守護領国制を推進させ,数ヵ国にまたがる国々の守護を兼任することによって,室町幕府をも圧倒するほどの勢力を示した。これら強大になった守護が互いに対立抗争するその頂点が応仁・文明の乱である。彼らは下剋上の風潮のなかで次第に分解没落の道をたどるが,辺境地帯では戦国大名として発展していった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅ‐ご【守護】
[名](スル)
まもること。「国家を守護する」
鎌倉幕府室町幕府職名。文治元年(1185)源頼朝が勅許を得て国ごとに有力御家人を任命して設置。軍事警察権を中心に、諸国の治安・警備に当たった。室町時代に至り、しだいに領国支配を進め、守護大名とよばれるようになった。守護職。すご。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅご【守護】
鎌倉時代以後一国ごとに設置された武家の軍事的行政官守護人守護奉行職,守護奉行人とも呼ばれる。守護の前史はまだ十分解明されていない。近年の研究では平安中期以降諸国において,有力在庁官人となった大武士が〈国の兵(つわもの)〉と呼ばれる群小武士を随時統率する形の軍制が形成してくることが明らかになっており,最近では,この軍制が平安末期には全体として主従制的性格の濃いものとなり,その統率者が国(くに)守護人と呼ばれ始めた可能性の高いことが指摘されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅご【守護】
( 名 ) スル
守ること。 「 -神」 「良法を設け人民を-すべきを要す/明六雑誌 16
鎌倉幕府が1185年義経・行家の逮捕を名目として国ごとに設けた職名。大番催促、謀反人・殺害人の検断などに当たらせた。有力御家人が多く任命され、鎌倉末期には国内の地頭・御家人を傘下に収め、国衙こくがの職務を奪い吸収して領主化していった。室町幕府も守護を置き、応仁の乱後、守護大名となるものが多かった。守護職。すご。 → 地頭国司

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

守護
しゅご
日本で中世に国ごとに置かれて軍事行政を統轄した武士またはその機構。国衙(こくが)または国内を鎮護するという意味から守護人または守護、守護職(しき)などとよばれた。[義江彰夫]

守護の源流

江戸時代以来、守護の創設時期は鎌倉幕府の草創期と考えられてきたが、近年、平安時代の諸国軍制の構造と歴史が解明されるに伴って、平安時代末期にすでにその萌芽(ほうが)が生じていたことがしだいに明らかになってきた。すなわち、諸国で有力武士が在庁官人の地位を介して国内の中小武士を従者に編成するようになる平安時代末期の状況を背景にして、12世紀なかばの保元(ほうげん)・平治(へいじ)の乱以降、朝廷と諸国で国内兵力の動員が頻繁に要請されるようになった。国守(こくしゅ)のなかに、これらの有力武士のなかからしかるべき者に国(くに)守護人の地位を与え、国衙内で彼の常駐する場所を守護所(しょ)とよびながら、従者・家人(けにん)となった武士を核としつつ、国内武士動員の権と国衙・国内の鎮護を行わせる者が現れてきた。したがって、この時期の守護人は国守の判断で国の条件に従って任意に置かれたものであり、国家的な一律の制度でもなく、設置の有無、権限内容もさまざまであったと考えられる。[義江彰夫]

鎌倉幕府の守護制度

鎌倉幕府の守護は、以上を歴史的な前提とし、この国衙の守護人を必要に応じて編入し、他は源頼朝(よりとも)の主要御家人(ごけにん)を新たに補置するという形で、全国一律の国家制度として成立した。すなわち、頼朝は1180年(治承4)の挙兵直後から、旧来の国司(こくし)とは別個に武家の棟梁(とうりょう)としての資格で守護人の安堵(あんど)や補任(ぶにん)を東国から開始し、平家追討の勅許を得て西国に進出する1184年(元暦1)ごろには、追討を名目とする総追捕使(そうついぶし)の名で朝廷の了解をとりながら、各国に次々と守護を安堵・補任した。平家滅亡後の1185年(文治1)11月には、源義経(よしつね)追捕のために上洛(じょうらく)させた北条時政(ときまさ)を代理人として後白河(ごしらかわ)院と交渉させ、いわゆる文治(ぶんじ)勅許の一環として、地頭(じとう)・兵粮米(ひょうろうまい)などとあわせて、守護(総追捕使)を朝廷公認の全国一律の制度として幕府が国ごとに設置することを認めさせた。
 このいわゆる文治守護勅許の内容については、地頭勅許とともに古くから長い論争の歴史がある。恒久的制度の樹立とみるか義経追討までの有期限のものとみるか、当時から守護とよばれていたか当時は総追捕使とよばれ義経追討後に守護の名をもつようになったのか、のちに大犯(だいぼん)三箇条とよばれる職務はこの時点で成立していたのかやや後であるのか、同じく勅許された地頭や兵粮米徴収との権限関係はどうなっていたかなどなど、諸説が対立し解決をみていない。しかし、これらの対立点にもかかわらず、論争のなかから、現在少なくとも、文治勅許によって守護が国家的制度となり、幕府が国ごとに補置して、国内武士を御家人として軍事動員させる体制をつくりだしたことは、疑いない史実として認められるようになった。なお守護と総追捕使の指称の関係は、最近は前述のように前者を朝廷向け、後者を実態指称と考えて、当初から併存していたとみるとらえ方が認められるようになり、恒久的か否かについても、朝廷向けには義経追捕までとしながら、幕府自身は恒久化に向けて整備していったと考えられるようになっている。
 したがって、1189年(文治5)義経追討を含む奥州征伐完了によって、朝廷と幕府の間には守護の存否をめぐって確執が生じた。しかし、結局既成事実のうえに存続を主張する頼朝の上洛によって、恒常的制度とし定着することとなり、以後急速に守護の職務は平時の鎮護にふさわしい形に整えられ、国内の御家人(おもに地頭)を動員して、大犯三箇条、すなわち京都内裏(だいり)・大内裏大番役(おおばんやく)、謀叛(むほん)人・殺害人の逮捕を固有の課題として担うこととなった。[義江彰夫]

守護の発展

以上の点からみて、鎌倉幕府の守護は、軍事検察分野を掌握する公権力としての鎌倉幕府の意志を諸国のレベルで具体化する軍事行政官であり、それゆえに、他の一般行政は依然朝廷の任命する国司に担われ、また当該検察分野に限っても、大犯三箇条以外の軽微な問題は国衙・荘園(しょうえん)の検非違使(けびいし)などの担うところであり、一般にはこれらの諸分野に守護が介入することは、朝廷のみならず幕府によっても禁じられ、またその方向を制約するために、可能な限り管国の固定化・世襲化を排して頻繁に交替させるよう配慮された。しかし、他面、守護となった有力武士自らは、大犯三箇条をてことして軽微な検察分野や一般行政の分野をも積極的に組織する傾向を一貫して示し、可能な限り世襲化の道をたどるようになっていった。鎌倉時代末期の北条氏による諸国守護職の独占はこの動きに対する反撃と対応であったが、かえってこれは以後の守護の自立を刺激した。
 南北朝時代に入ると幕府自らまず刈田狼藉(かりたろうぜき)・使節遵行(しせつじゅんぎょう)の権を守護に与え、収取や裁判権の一部をわがものにするとともに、しだいに国内の闕所(けっしょ)となった所領の自由な処分権(闕所地宛行(あてがい)権)、定量の収納と引き換えに所領の実質的支配権の獲得を意味する守護請(うけ)、所領の収納物の半分を割り取れる半済(はんぜい)などの権限をも与えて、この間に没落した国衙の機能の吸収を背景に、収取や裁判権を含む広範な行政権樹立への道を切り開いた。この結果、守護はしだいに守護大名とよばれて幕府の職員としての枠からはみ出す存在になった。やがて守護大名は、地域社会の構造的変容のなかで一揆(いっき)を結ぶ中小武士を強力に組織化した戦国大名に発展的に解消される。これら戦国大名が競って守護を名のったことは、鎌倉幕府以来の守護のなかに、軍事をてことして一国を掌握するという中世を貫く地域権力の基本的性格が備わっていたからにほかならない。その意味で守護は日本中世の地域権力のあり方を典型的に示すものということができる。[義江彰夫]
『三浦周行著『続法制史の研究』(1924・岩波書店) ▽牧健二著『日本封建制度成立史』(1935・弘文堂) ▽佐藤進一著『増訂鎌倉幕府守護制度の研究』(1971・東京大学出版会) ▽石井良助著『増補大化改新と鎌倉幕府の成立』(1972・創文社) ▽関幸彦著『国衙機構の研究 「在国司職」研究序説』(1984・吉川弘文館) ▽今谷明・藤枝文忠編『室町幕府守護職家事典』上下(1988・新人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐ご【守護】
〘名〙
① (━する) まもること。まもり。警護。守備。また、まもりがみ。守護神。
※霊異記(810‐824)下「禅師聞きて、一たびは怪しび、一たびは喜び、天の守護なることを知り、然して彼(そ)の魚を食ふ」
※平家(13C前)二「院御所法住寺殿を守護しまゐらせ候ふべし」 〔晉書‐孫綽伝〕
② 鎌倉・室町時代の職名。文治元年(一一八五)、源頼朝が朝廷に奏請して諸国に設置し、大番(おおばん)の督促、謀叛人・殺害人・盗賊の検断などに当たらせたもの。のち、一般の治安維持をも行ない、社寺や駅路の取り締まりにも当たった。当初、国司の公事および荘園の所務とは関係しなかったが、次第にこれを干犯し、室町時代には強大な守護大名となった。守護職。守護所。すご。
※阿彌陀文書‐(年月日未詳)(鎌倉初)僧重源起請文「依之令止万雑公事・守護所役者也」
※平家(13C前)一二「諸国に守護を置き、庄園に地頭を補(ふ)せらる」
③ ある地域を支配している者。大名、統治者、総督、長官、屯衛を守る長など。
※どちりなきりしたん(一六〇〇年版)(1600)六「ぽんしょぴらとがしゅごなるじだいに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す‐ご【守護】
※日蓮遺文‐波木井殿御報(1282)「きうだちにす護せられまゐらせ候て、難もなくこれまでつきて候事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

守護」の用語解説はコトバンクが提供しています。

守護の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.