Rakuten infoseek

辞書

守護代【しゅごだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

守護代
しゅごだい
守護の代官。鎌倉時代の守護は任地に赴任しない者が多かったので,任国には代官がおかれたが,多くは在地の有力御家人が任命され,1ヵ国に複数の代官が存在した。室町時代には在京守護代と在国守護代があったが,守護大名領国制が展開する過程で,領国支配を強化するため,有力被官を在国守護代として領国内に配置した。守護大名の勢力が衰えてくると,守護代が守護に代って領国を支配するようになり,武士の組織化を意図して戦国大名に成長する者が現れた。戦国大名朝倉氏織田氏長尾氏などはいずれも守護代から発展成長したものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅご‐だい【守護代】
中世、任国に赴いて守護職務を代行した人。守護代官

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅごだい【守護代】
守護の職務を代行する役人。一般に官職を当人の身代りとして行使する者を代官と呼ぶが,武家の世界では古く平安時代より,一族・従者の中からしかるべき者が代官となる慣行ができていた。守護代もその一形態であるが,鎌倉幕府草創から戦国時代に至るまで,一大武士が数ヵ国の守護を兼ねる例があり,またそうでなくとも守護正員(せいいん)は戦闘や上洛・参府ないし同地での居住などにより在国しないことが多く,加えて現地への支配を代官によって浸透させようともしたから,守護の職権全般を代行する守護代は守護にとって一貫して不可欠な存在であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅごだい【守護代】
守護の代官。在国しない守護に代わり行政にあたった者。守護代官。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

守護代
しゅごだい
中世守護の私的な代官。守護の一族や譜代直臣(ふだいじきしん)、あるいは有力国人(こくじん)、国衙目代(こくがもくだい)などが登用された。中世の守護は鎌倉や京都に在住するのが原則で、任国の統治は守護代以下に担われていた。守護領国制展開の現実の担い手も彼らであった。幕命遵行(じゅんぎょう)手続の一環に位置した点では公的性格も随伴していたといえる。しかし畿内(きない)・近国で細川・畠山(はたけやま)氏などの守護代となった長塩(ながしお)・薬師寺(やくしじ)氏や遊佐(ゆさ)・神保(じんぼ)氏などは非国人で、ほとんど在京していたため、郡単位の小守護代が在地支配の中核となった。有力国人の守護代登用は播磨(はりま)の浦上(うらがみ)氏、近江(おうみ)の伊庭(いば)氏などと多く、また武蔵(むさし)の大石氏、播磨の小河(こかわ)氏などは目代や在庁(ざいちょう)有力者の守護代の例である。越前朝倉(えちぜんあさくら)氏、越後長尾(えちごながお)氏などのように戦国大名化するものもあった。[田沼 睦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅご‐だい【守護代】
※吾妻鏡‐建永二年(1207)六月二二日「是紀伊国土民入高野山、企狩猟、押妨寺領、和泉紀伊国守護代専為其張本

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

守護代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

守護代の関連情報

他サービスで検索

「守護代」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.