Rakuten infoseek

辞書

宇津保物語【うつほものがたり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宇津保物語
うつほものがたり
平安時代中期の物語。作者は源順 (したごう) とする説が有力。 20巻。 970年代頃成立とされる。物語は,清原俊蔭,その娘,藤原仲忠,犬宮の4代にわたる霊琴にまつわる音楽霊験談と,源雅頼の娘の貴 (あて) 宮を主人公とする物語がからみ合って展開する。琴の物語が伝奇的であるのに対して,貴宮の物語はさまざまな求婚者の描写や「国譲」の巻の政争の記述などにおいて写実性が顕著。個々の登場人物や年紀に矛盾撞着する個所があり,また巻の順序がテキストによって定まらず,解決できない乱れがあるなど,完成した作品とはいえない面もある。これは別途に書かれた短編物語を集成縫合して長編物語とした結果とされる。しかし,鋭い現実批判を盛込んだ日本最初の長編物語として,『源氏物語』より高く評価しようとする人もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うつほものがたり【宇津保物語】
《「うつぼものがたり」とも》平安中期の物語。20巻。作者未詳。源順(みなもとのしたごう)とする説もある。村上天皇のころから円融天皇のころに成立か。4代にわたる琴(きん)の名人一家の繁栄と、多くの青年貴族から求婚される貴宮(あてみや)が東宮妃となり、やがて皇位継承争いが生じることなどが描かれている。書名は、発端の「俊蔭(としかげ)」の巻に仲忠母子が木の空洞に住む話のあるのにちなむ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うつほものがたり【宇津保物語】
平安中期(10世紀末)の作り物語。作者は古来の源順(みなもとのしたごう)説が有力。〈うつほ〉には〈洞〉〈空穂〉をあてることがある。初巻に見える樹の空洞に基づくもの。
[あらすじ]
 清原俊蔭は王族出の秀才で若年にして遣唐使一行に加わり渡唐の途上,波斯(はし)国に漂着,阿修羅に出会い秘曲と霊琴を授けられて帰国し,それを娘に伝授する。俊蔭の死後,家は零落,娘は藤原兼雅との間に設けた仲忠を伴って山中に入り,大樹の洞で雨露をしのぎ仲忠の孝養とそれに感じた猿の援助によって命をつなぐ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うつぼものがたり【宇津保物語】
物語。二〇巻。平安中期成立。作者未詳。一説に源順作とする。琴きんの名手清原俊蔭一族の物語と、貴宮あてみやをめぐる求婚物語、および皇位継承争いの話からなる。やや統一を欠くが現存最古の長編小説であり、後半の写実的傾向は源氏物語に至る過渡的性格を示すものとして重要。うつほものがたり。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うつぼものがたり【宇津保物語】
(「うつほものがたり」とも。「うつほ」は空洞の意で仲忠母子が杉の空洞にひそんでいたことにちなむ) 平安中期の物語。二〇巻。作者未詳。源順作とする説などがある。十世紀後半の天祿~長徳九七〇‐九九九)頃の成立とされる。清原俊蔭、その娘、藤原仲忠、犬宮の四代にわたる琴の名人一家の繁栄と、源正頼の娘貴宮(あてみや)が仲忠ら多くの青年貴族の求婚をしりぞけ、東宮妃となり、やがて皇位継承争いが生じる過程を描く。日本最初の長篇物語で、幻想的、伝奇的な「竹取物語」から写実的な「源氏物語」に展開していく過渡期の作品。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇津保物語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇津保物語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.