Rakuten infoseek

辞書

宇治田原町【うじたわら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宇治田原〔町〕
うじたわら
京都府南部の町。 1956年町制。北縁を宇治川峡谷をなして流れる。中央部には宇治川支流の田原川に沿う沖積地や洪積層台地丘陵が広がるが,北部南部は古生層の山地をなす。農業が主で林業も行われる。茶業が盛んで,宇治茶生産地帯の一部をなし,特に玉露の生産が多い。滋賀県大津市との境近くに曹洞宗の古刹禅定寺があり,重要文化財の木造十一面観音立像,木造日光月光菩薩立像などがある。町域中央を国道 307号線が横断する。面積 58.16km2。人口 9319(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇治田原町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇治田原町の関連情報

関連キーワード

新藤兼人[各個指定]工芸技術部門斎藤寅次郎中平康野村芳太郎マキノ雅広川島雄三市川崑コーマン清水宏

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.