Rakuten infoseek

辞書

宇治拾遺物語【うじしゅういものがたり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宇治拾遺物語
うじしゅういものがたり
鎌倉時代前期の説話集編者未詳。成立年は諸説がある。建暦2 (1212) ~承久3 (21) 年の間か。 197話を収録。『今昔物語集』『古事談』『古本説話集』『打聞集』などの説話集と多くの同話を含み,序文には,源隆国の『宇治大納言物語』に漏れた話やその後のことを書き集めたとある。同時代の多くの説話集が,王朝貴族文化への憧憬や,仏教ないし処世上の教訓を意図して編纂されたのに対して,本書は人間の弱点をあばき,権威を相対化することに関心を示している。笑いの要素が顕著であるとともに,貴族や既成宗教の権威が崩れ去った時代の思潮の影が色濃い。『鬼のこぶ取り』『腰折すずめ』『ばくち婿入り』など,民間説話がそのまま採集されていることも,そうした事情のもとに理解される。多くの説話集のなかで本書は最も広く愛読された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うじしゅういものがたり〔うぢシフヰものがたり〕【宇治拾遺物語】
鎌倉初期の説話集。15巻。編者未詳。建保年間(1213~1219)の成立か。貴族説話・仏教説話・民間説話など197話を収める。仏教的色彩が濃い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うじしゅういものがたり【宇治拾遺物語】
鎌倉時代の説話集。15巻15冊。ただし,巻を立てない2冊本や3冊本もある。編者は未詳。鎌倉時代初期の成立で,1220年(承久2)前後と見る説が有力。書名の由来は諸説あって一定しないが,古来宇治大納言隆国(源隆国)編,またはそれに取捨を加えたものとされてきたことからの称らしく,中世には《宇治大納言物語》と異称されたこともあった。197話の長短編説話を集録し,ひらがな本位の和文体で記した典型的な読物的説話集。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

うじしゅういものがたり【宇治拾遺物語】
説話集。二巻。流布本一五巻。編者未詳。1212~21年頃成立(のちに増補されたか)。仏教説話・滑稽談・民話・説話など一九七話を収録。軽妙な和文脈で民衆の生活感情や人間性を語る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宇治拾遺物語
うじしゅういものがたり
鎌倉初期の説話集。作者不詳。1221年ごろ成立か。序文によれば、書名は『宇治大納言(だいなごん)物語』の続編(拾遺編)の意とも、編著にかかわる侍従(唐名拾遺)という官職にちなむものともいわれている。道命阿闍梨(どうみょうあじゃり)と和泉式部(いずみしきぶ)との情事を伝える巻頭第1話に始まり、聖哲孔子が大盗賊にやりこめられるという末尾の第197話に至るまで、長短の説話が自在な連想のもとに書き継がれている。天皇、貴族から僧侶(そうりょ)、武士、盗賊に至るまでのあらゆる階層の人物が登場し、それぞれ、成功談、失敗談、あるいは奇妙な話、不思議な話、笑い話など、さまざまな内容の話が載せられている。また中国、インドなど異国を舞台とした話や、『こぶ取り爺(じじい)』『わらしべ長者』などの昔話に通じる民話風の話もみられ、他の説話集と比べて、素材や内容の面で広がりは著しく、そこには作者の人間や社会に対する自由で柔軟な思考や感覚といったものをうかがうことができる。「今は昔」「是(これ)も今は昔」といった穏やかな語り出しに始まり、全体に平易でわかりやすい和文脈の語り口で語られてはいるが、その内容には鋭い人間批評や風刺、皮肉がきいているものも少なくなく、味わい深い作品である。散逸した『宇治大納言物語』(成立不詳)の影響の下に成立したと考えられ、『古本説話集』(1131ころ成立か)、『古事談』(1215以前に成立か)、『世継(よつぎ)物語』(成立不詳)などとほぼ同文の類話を多く載せ、相互の密接な関係を推定することができるが、80余の共通話をもつ『今昔(こんじゃく)物語集』(成立不詳)とは直接の書承関係は認められない。[浅見和彦]
『渡辺綱也・西尾光一校注『日本古典文学大系27 宇治拾遺物語』(1960・岩波書店) ▽小林智昭校注・訳『日本古典文学全集28 宇治拾遺物語』(1973・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇治拾遺物語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇治拾遺物語の関連情報

他サービスで検索

「宇治拾遺物語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.