Rakuten infoseek

辞書

宇治大納言物語【うじだいなごんものがたり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宇治大納言物語
うじだいなごんものがたり
(1) 平安時代中期,宇治大納言と称された源隆国の編集した説話集鎌倉室町時代の諸書に内容の一部分が散見するのみで,現在散逸して伝わらない。『今昔物語集』の作者を隆国とする考え方から,その別名といわれたこともある。 (2) 『世継物語』 (一名『小世継』) という現存説話集の別名。成立年未詳。 (3) 鎌倉時代に作られた擬古物語苔の衣』巻三が独立した書物として伝えられたときの書名主人公大納言が無常を感じ出家する話の一部である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うじだいなごんものがたり〔うぢダイナゴンものがたり〕【宇治大納言物語】
平安後期の説話集。宇治大納言源隆国編。11世紀後半の成立。現存していないが、今昔物語と深い関連があったと推定される。
宇治拾遺物語混同して呼んだ名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うじだいなごんものがたり【宇治大納言物語】
散逸説話集。源隆国作と伝えられる。平安後期成立。多くの書にその書名が引用され、「今昔物語集」「宇治拾遺物語」をはじめ、後代への影響が非常に大きい。また、「今昔物語集」「宇治拾遺物語」「世継物語」などの別称としても呼ばれ、相互の混同を引き起こした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うじだいなごんものがたり うぢダイナゴンものがたり【宇治大納言物語】
[一] 宇治大納言源隆国編著の説話集。一一世紀後半の成立。現存しないが、「今昔物語集」「古本説話集」「宇治拾遺物語」などに影響をもたらしたと推定される。
[二] 「宇治拾遺物語」を(一)と混同して呼んだ称。
[三] 「世継物語(三)」の異本の称。
[四] 鎌倉時代成立の擬古物語「苔の衣」の一部を独立させて称したもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇治大納言物語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇治大納言物語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.