Rakuten infoseek

辞書

宇江敏勝【うえ としかつ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

宇江敏勝 うえ-としかつ
1937- 昭和後期-平成時代の著述家。
昭和12年8月25日生まれ。炭焼きの家でそだち,熊野高卒業後,和歌山山林ではたらく。同人誌「VIKING」に参加し,小説やエッセイをかく。昭和55年自伝「山びとの記」を発表,話題となった。三重県出身。著作はほかに「昭和林業私史」「樹木と生きる」「世界遺産熊野古道」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

宇江敏勝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇江敏勝の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広山本嘉次郎日中戦争清水宏島津保次郎久松静児中国映画豊田四郎成瀬巳喜男郵便切手

他サービスで検索

「宇江敏勝」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.