Rakuten infoseek

辞書

宇文泰【うぶんたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宇文泰
うぶんたい
Yu-wen Tai; Yü-wên T`ai
[生]正始2(505)
[没]恭帝3(556)
中国,西魏の実権者で北周の基礎をつくった政治家,武将北魏末の動乱のうちに成長し,ついに陝西甘粛地方をその掌中に収めるにいたった。永煕3 (534) 年,北魏の孝武帝高歓から逃れてにその保護を求めた。高はあらためて孝静帝を擁立して (ぎょう) に都をおいたので,北魏は歓を実力者とする東魏と泰を実力者とする西魏とに分裂した。以後泰はその死にいたるまで西魏の実権を握っていた。府兵制の創始者としても知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うぶん‐たい【宇文泰】
[505~556]中国、南北朝時代の西魏宰相鮮卑族の出身。初め北魏に仕えたが、その分裂後、文帝を擁立して西魏を建国し、東魏の高観と抗争。府兵制などの官制を定め、子の宇文覚の建てた北周の基礎を築いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うぶんたい【宇文泰 Yǔ wén Tài】
505?‐556
中国,西王朝の創立者。遠祖は匈奴系で遼西の鮮卑諸部落を統帥したという。宇文泰の字黒獺(こくたつ)も胡族としての名である。宇文氏は北魏の政策により武川鎮(内モンゴルのフフホト北方)に移住定着して,代々北辺の守備に任じ,名家として知られた。六鎮(りくちん)の乱が起こると,宇文泰は父兄とともに中国内地に南下し,北魏が関中に派遣した反乱討伐軍に身を投じた。軍司令官賀抜岳が殺されると,諸将に推されてそのあとを継ぎ,高歓対立する北孝武帝を長安に迎えて,西魏の事実上の主権者となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うぶんたい【宇文泰】
505~556 中国、南北朝時代、西魏の宰相。鮮卑せんぴ族の出身。初め北魏に仕え、その分裂後、西魏の宰相となり、東魏の高歓こうかんと対立。北周の基礎を築き、子孫の建てた北周により太祖文皇帝の廟号びようごうを贈られた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宇文泰
うぶんたい
(505―556)
中国、西魏(せいぎ)の実権者で、北周の事実上の創設者。字(あざな)は黒獺(こくらい)。祖先は宇文部(鮮卑(せんぴ)の一有力部族)の部族長。4世紀末、泰の4世の祖のときに北魏に帰順して北辺の武川鎮(ぶせんちん)に移住し、その後、代々鎮民として北方防備にあたっていた。523年北鎮に発した鎮民反乱は北魏の内乱、瓦解(がかい)にまで発展、そのなかで宇文泰はしだいに頭角を現し、535年長安を根拠に北魏の一族を皇帝に擁立して(西魏の文帝)、高歓(こうかん)の擁立した東魏、および南朝の梁(りょう)と鼎立(ていりつ)した。西魏は初め軍事的に劣勢だったが、宇文泰は大丞相(じょうしょう)として質実の風を柱に政治を行い、胡(こ)姓の復活、二四軍(府兵制の前身)の創設、周礼(しゅらい)主義に基づく六官の制の採用などを施行し、北鎮出身勢力と関中豪族との胡漢合作政権の統一運営に成功、国力を充実させた。泰の死後、子の宇文覚が北周を創建した。[佐藤智水]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うぶん‐たい【宇文泰】
中国西魏の宰相。東魏の高歓と抗争。官制を定め、また梁を攻めて壊滅的打撃を与えるなど、その子覚が建てた北周の基礎を築いた。(五〇五‐五五六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇文泰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇文泰の関連情報

関連キーワード

相殺ラウレンチウス相殺沼津大空襲日赤の救護班曽参アルタイ文化国際実用温度目盛相殺

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.