Rakuten infoseek

辞書

宇宙検閲官仮説

法則の辞典

宇宙検閲官仮説【cosmic censorship hypothes】
ライスナー‐ノルトシュトリョームブラックホールのもつ電荷が臨界値に到達すると,外部地平面は収縮し,内部地平面は膨張してついに合一する.この臨界値を越えた電荷のブラックホールは「裸の特異点」が出現することになる.これは因果律の破綻などいろいろと不都合なことが起きる結果となるので,存在しないだろうという学説と,そのような「目にとまると具合の悪い」(はだかの)特異点を,超自然的な検閲官がいてヒトの眼に触れぬように隠しているのだという学説とがあり,後者を「宇宙検閲官仮説」と呼んでいる.この名称を提案したのはペンローズ(R. Penrose)だそうである.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇宙検閲官仮説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇宙検閲官仮説の関連情報

他サービスで検索

「宇宙検閲官仮説」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.