Rakuten infoseek

辞書

宇宙医学【うちゅういがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宇宙医学
うちゅういがく
space medicine
人間が異なる環境である宇宙へ行くときに問題となる点を研究する医学。宇宙旅行を3期に分類して難関を考えると次のようになる。 (1) 第1期の大気圏からの脱出期 加速度 (重力の 10~20倍) に耐えうること,減圧と低酸素状態への対応。 (2) 第2期の大気圏外旅行期 無重量,無酸素,低圧低温,宇宙の放射線,食糧振動騒音,限られた居住空間,孤独感,小人数の閉鎖空間における人間関係,宇宙視覚,月面上などでの作業動作。 (3) 第3期の大気圏への帰還期 加速度,摩擦熱,カプセルからの脱出。これらの問題を研究するために低温低圧室,遠心力発生装置,無重量状態発生装置,気密室などが用いられ,生体計測のため心電図,血圧,筋電図やそのテレメータ装置,環境条件計測のための温度,湿度気圧,放射線,ガス組成などの計測装置,宇宙環境へ適応するための宇宙服,固形酸素,人工栄養エキスなどが研究開発され,その成果は広く地球上における医学,生物学に役立っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うちゅう‐いがく〔ウチウ‐〕【宇宙医学】
宇宙飛行が人体に及ぼす影響を研究し、危険・障害から人体を守るための医学。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うちゅういがく【宇宙医学 space medicine】
人間が宇宙空間生命を維持し,人体を防御する際に遭遇する諸問題を,医学的,心理学的,生理学的あるいは生化学的に研究する学問。人間が宇宙に飛び出した時には,人体にどのような変化が起こるか,それにはどう対処したらよいか,宇宙でかかる病気にはどのような特徴があるか,予防方法はないか,宇宙という特殊な環境をどうしたら病気の治療に利用できるか,宇宙で人間が生活していくためにどういう空間を設計したらよいか,食物や水の供給の問題,排出物処理をどうするか,空気をどのようにして清浄な状態に保つか,ちりやごみの処理をどうするか,といった種々の問題が生じる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うちゅういがく【宇宙医学】
宇宙空間における人体の生理的変化とその対応策、病気の特徴と予防、宇宙環境を利用した病気の治療、宇宙空間における人間の生活設計などを対象とする医学。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宇宙医学
うちゅういがく
space medicineaerospace medicine
宇宙に人間が進出したとき遭遇する新しい環境条件の研究および対、それに伴う保健・治療の問題などを研究する学問分野。宇宙環境およびそこでの人工環境が人間に与える影響、そしてそれに対する対策、地球に戻ってきてからの問題などいろいろな課題が宇宙開発のなかでクローズアップされてきた。それらが宇宙医学の研究対象であり、そのおもなものは次のようである。
 〔1〕宇宙飛行士の適性の問題。〔2〕出発時の直線加速度、大気圏再突入時の減速度の人間に及ぼす影響と対策。〔3〕無重量状態の人間に及ぼす影響と対策。〔4〕昼夜の交代と生理的リズムとの関係。〔5〕宇宙機内における生活科学、人間工学。〔6〕宇宙機の安全、救難、救助の問題。〔7〕宇宙空間に存在する物質や、その状態などが人間に及ぼす影響と対策。〔8〕宇宙飛行中の知覚の問題。〔9〕宇宙における生命の起源の問題。〔10〕宇宙病の問題とその対策。〔11〕宇宙機内活動の際の疲労の問題。〔12〕宇宙機外活動にかかわる諸問題。〔13〕地球に戻ったあとのアフター・ケアの諸問題。〔14〕宇宙飛行士の健康管理の問題。〔15〕宇宙における孤独現象に対する対策。〔16〕少数社会における人間関係の問題。
 宇宙医学の目的についてはさまざまな考え方があるが、次のようにまとめることができる。(1)将来、宇宙植民地、宇宙工場、宇宙病院など人間が宇宙に進出する場合に、宇宙において安全に活動できるように、どのような要因が人間に影響を与え、それに対してどのような対策を考えていくべきかを研究し、宇宙開発を実現させていくこと。(2)宇宙において生命の起源を探り、人類の歴史を完結させる。さらに存在するかもしれない宇宙における別の生命ないし文明を探査し、宇宙におけるライフサイエンスの問題を追究すること。(3)宇宙医学の分野で研究開発されたものの地球上への波及効果。もちろんそれを意識して研究開発をするものではないが、結果的にそうなることも目的の一つと考えてもよいのではなかろうか。
 スペースシャトル時代の今日においてもっとも重要な課題は、無重量状態と人間との関係である。人間が無重量状態に置かれると、不活動性萎縮(いしゅく)をおこして、心臓循環機能の低下、筋力の低下、骨からの脱カルシウムなどがみられ、さらに船酔いに似た宇宙病を引き起こしたりする。これらをどのようにして防ぐかということが大きな問題となっている。これらを解決しつつ、宇宙での人間の活動が支障なく行われるように準備をしているというのが宇宙医学の現状であるといえよう。[大島正光]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うちゅう‐いがく ウチウ‥【宇宙医学】
〘名〙 宇宙飛行が人体に及ぼす影響を研究し、障害の予防を図る医学。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇宙医学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇宙医学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.