Rakuten infoseek

辞書

【ウマゴ】

デジタル大辞泉

うま‐ご【孫】
《「むまご」とも表記》
まご。
「翁の、いといみじきぞいで来たる。むすめにや―にや」〈・末摘花〉
子孫。
「又、この山の族(ぞう)七人にあたる人を、三代の―に得べし」〈宇津保・俊蔭〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そん【孫】
子孫。「当家五代の
血筋。血統。
「姉は父御の―を継ぎ」〈浄・堀川波鼓

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そん【孫】[漢字項目]
[音]ソン(呉)(漢) [訓]まご
学習漢字]4年
〈ソン〉
子の子。まご。「愛孫外孫子孫児孫従孫曽孫(そうそん)
同じ血筋を引く者。子孫。「天孫末孫
〈まご〉「孫娘初孫(ういまご)
[名のり]さね・ただ・ひこ・ひろ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐こ【孫】
子の子。まご。〈和名抄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま‐ご【孫】
《「うまご」の音変化》
子の子。
もとのものから間を一つ隔てること。また、そのような関係。「弟子」「引き」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むま‐ご【孫】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

日本のポピュラー音楽。歌と作曲は男性演歌歌手、大泉逸郎。1999年発売。作詞:荒木良治。第42回日本レコード大賞優秀作品賞、第14回日本ゴールドディスク大賞演歌・歌謡曲部門特別賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まご【孫】
孫とは2世代下の子孫の総称であり,日本人はこれを内孫(うちまご)と外孫(そとまご)に区別している。内孫とは婿養子の場合を除いて一般に男の子どもたちの子をいい,外孫とは婚出した子どもたちの子をさす。嫁入婚を基礎とする典型的な3世代家族は祖父母から見れば内孫と同居し,外孫とは同居しない家族形態であるが,婿入婚を基礎とする場合には逆に内孫と別居し,外孫と長く同居する例がある。孫との同居という視点から日本の家族構造を見ると,孫との同居をともなう拡大型や直系型の家族,孫との同居を忌避する核心型家族に分けることができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うまご【孫】
まご。むまご。 「その子-までははふれにたれど、なほなまめかし/徒然 1

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そん【孫】
子孫。後裔こうえい。 「其れより僧迦羅が-、今に其の国に有り/今昔 5
血統。血筋。 「狐の子は、子狐より、父が-をつぎて/曽我 8

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひこ【孫】
子の子。まご。 〔和名抄〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まご【孫】
〔「うまご」の転〕
子の子。 「 -娘」
間を一つおいた関係。 「 -弟子」 「 -引き」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うま‐ご【孫】
〘名〙 (平安以降「むまご」とも表記)
① 子の子。まご。
※霊異記(810‐824)中「隣に耆(おきな)(おうな)有りて各鰥(をのこやも)(やもめ)に居りて、曾(かつ)て子息(ウマコ)(な)し〈国会図書館本訓釈 息 于万古〉」
※源氏(1001‐14頃)末摘花「翁の、いといみじきぞいで来たる。むすめにやむまごにや、はしたなる大きさの女の」
② 子孫。まごこ。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「又この山のぞう七人にあたる人を、三代のむまごにうべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そん【孫】
〘名〙
① まご。うまご。
※平家正節(1776)小秘巻「讚岐の守正盛が孫(そン)刑部卿忠盛の朝臣の嫡男也」 〔爾雅‐釈親〕
② 子孫。末孫。後裔(こうえい)。後胤(こういん)
※太平記(14C後)一〇「桓武第五の皇子葛原親王に、三代の孫(ソン)平将軍貞盛より十三代」 〔幽明録‐劉晨・阮肇〕
血筋。血統。遺伝。
※浄瑠璃・三浦大助紅梅靮(1730)一「親に劣らぬ長命は、家のそんかと目出たけれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐こ【孫】
〘名〙 子の子。まご。うまご。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
[語誌](1)コ(子)にヒを冠したものと考えられ、類例にヒヒコ(曾孫)などがあり、ヒは一代隔てた親族をあらわすと思われる。
(2)「観智院本名義抄」には「孫」字に「ムマコ 鄙語云ヒコ」とあって、平安時代末期ないし鎌倉時代、中央では一般的でなくなっていたようである。
(3)→「ひこ(曾孫)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま‐ご【孫】
〘名〙 (「うまご(孫)」の変化したもの)
① 子の子。また、子孫のことをもいう。
※書紀(720)神代下(兼方本訓)「皇孫(すめマコ)(〈別訓〉すめみま)」
② 間(あいだ)を一つへだてること。また、そのような関係をいう。「孫弟子」「孫引き」
※いつか汽笛を鳴らして(1972)〈畑山博〉六「小さな部品を、これまでにも孫下請けに出したことはある」
③ 取引市場で孫株をいう。〔取引所用語辞彙(1917)〕
羽子板の大きさをいう。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉一月暦「羽子板には大さによって〈略〉孫(マゴ)(一尺六寸)尺八(二尺より二尺五寸位迄)の差別あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むま‐ご【孫】
〘名〙 ⇒うまご(孫)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

孫の関連情報

他サービスで検索

「孫」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.