Rakuten infoseek

辞書

孫権【そんけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

孫権
そんけん
Sun Quan; Sun Ch`üan
[生]光和5(182)
[没]神鳳1(252)
中国,三国時代の第1代皇帝 (在位 222~252) 。は仲謀,諡は大皇帝。呉郡富春 (浙江省富陽県) の人。孫堅の子。建安5 (200) 年兄孫策の急死により跡を継いだ。孫権は土着豪族および北から南下した名士の支持を得て,巧みな政治的外交的手腕ふるい,ついに江南支配を達成した。劉備と連合して曹操の南下を食止めた赤壁の戦いはその間に起ったものである。 222年呉王となり,建元して黄武といったが,まだの封策を受けていた。黄竜1 (229) 年には皇帝の位について独立し,建業を首都とした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そん‐けん【孫権】
[182~252]中国、三国時代の建国者。在位222~252年。孫堅の子。富春(浙江(せっこう))の人。字(あざな)は仲謀。諡号(しごう)、大帝。父・兄の事業を継いで、江東六郡を支配し、赤壁の戦いでは劉備(りゅうび)と同盟し曹操を破った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そんけん【孫権 Sūn Quán】
182‐252
中国,三国時代の初代皇帝。在位222‐252年。父の孫堅死後,兄の孫策(175‐200)は数百人の部下と,もとから父に従っていた1000人あまりの兵を率いて195年(興平2)から長江(揚子江)下流デルタに進出し,土着豪族たちの協力を得て江南に割拠する基礎を固めた。孫策が刺客に殺されたあと,孫権は名臣周瑜(しゆうゆ)らに助けられ,また豊かな政治的能力によって江南豪族たちの信望を得つつ,ますますその地盤を固め,208年(建安13)には赤壁の戦に勝って曹操の南下をくいとめ,219年には荆州を占領して長江中流域以南を領有した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そんけん【孫権】
182~252 中国、三国時代、呉の初代皇帝(在位222~252)。孫堅の次子。蜀しよくの劉備と結んで曹操の南下を赤壁に阻止し、江南に勢力を確立。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

孫権
そんけん
(182―252)
中国、三国呉(ご)の初代皇帝(在位222~252)。字(あざな)は仲謀、諡号(しごう)は大帝。孫堅(そんけん)の子。192年父の堅が死に、200年兄の策が没したので19歳で孫氏の統領となり、父兄の事業を受け継いだ。曹操(そうそう)や劉備(りゅうび)と対立、同盟を繰り返しつつ、揚子江(ようすこう)中・下流域を基盤に呉国を建てた。すなわち208年、劉備と同盟して曹操の南下を食い止め、赤壁(せきへき)の戦いを行った。戦後は妹を劉備の皇后として嫁がせ、その関係を密接にしたが、荊(けい)州領有をめぐってしだいに対立を深め、劉備の入蜀(しょく)を機に妹を呉に帰らせ、曹操と同盟して劉備の武将関羽(かんう)を攻め、荊州領有に成功した。魏(ぎ)の文帝がたつと呉王に封じられたが、年号を独自に黄武とし、独立の意を示した(222)。劉備の死後、蜀(しょく)と同盟し魏と対立した。229年帝位につき、都を建業(けんぎょう)(南京(ナンキン))に定めた。国内においては山越えの討伐を行い、また交州の士氏を倒してインドシナ半島にも勢力を伸ばすなど、南方に領土を広げた。晩年皇太子に先だたれ、後継争いが起こり、呉は混乱した。[狩野直

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そん‐けん【孫権】
中国、三国時代の呉の初代皇帝(在位二二二‐二五二)。孫堅の子。父の敵、黄祖を破り、赤壁の戦いでは、劉備と結んで曹操の軍を破って、江南にその地位を固め、呉、魏、蜀漢の三国鼎立時代を招いた。(一八二‐二五二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

孫権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

孫権の関連情報

関連キーワード

判形フィロポイメンYS-11(わいえすいちいち)酸素世界遺産条約世界気象機関YS-11型国産中型旅客機モデュール五郎丸歩前田健太

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.