Rakuten infoseek

辞書

学林【ガクリン】

デジタル大辞泉

がく‐りん【学林】
寺院で僧侶が学問を学ぶ所。
学問をする所。学校などの名称に用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がくりん【学林】
江戸時代に仏教各宗派で設立した僧侶の教育機関で,学寮談林檀林などとも呼ばれた。江戸幕府は各宗の法度(はつと)で宗学研鑽のための就学を義務づけたが,また各宗でも宗学を中心とする仏教研究が急速に発展し,住職となるために一定期間学などで学ぶことを求めた。その主要なものを示すと,浄土宗鎮西派では,中世に各地の談所が設けられたが,江戸時代初頭に増上寺存応は徳川家康と謀り,芝増上寺,小石川伝通院などの江戸五檀林と,鎌倉光明寺,武蔵鴻巣勝願寺などの田舎十三檀林の,いわゆる関東十八檀林を定めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がくりん【学林】
寺院などに設けた僧侶の学校。 → 檀林
学問をする所。学校・塾などの名称に用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がく‐りん【学林】
〘名〙
① 学問の盛んな所。学界の中心。〔漢書‐叙伝下〕
② 僧侶が学ぶところ。叢林。また、そこに所属する僧。
※蔭凉軒日録‐延徳元年(1489)一一月二六日「藪中殿弾琴。源中納言殿吹笛。学林吹篳葎。一時佳会也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学林」の用語解説はコトバンクが提供しています。

学林の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.